星カタツムリ日記

<   2008年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧

月。

窓の向こうに、きれいに光る月が見えた。

それだけ。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-31 04:30

福岡日記8

sonesさんから、iconeに移動。

黒酢豚と、
かぶと鶏肉の煮物
って、
黒板に書いてあった。
一瞬だったから、正確には、ちょっと違うかもしれんけど、
その字の感じや、黒酢や、かぶが
ずっと頭にあって、
食べたいなあって思った。

iconeのお昼の定食のメニュー。

そのお昼ごはんを作っとんさる女の人が作った、きな粉クッキーを買った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-31 04:05

花が咲いた。

先週の昨日、西荻のお花やさんがおまけしてくれた
花が咲いた。

f0146828_18193464.jpg

f0146828_18201710.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-30 18:20

四次元パーラーあんでるせん

は、福岡に行ったときに、メグさんといっしょに行った
長崎の4次元パーラー。
四次元につながる、ふしぎな喫茶店。


今日、ふとした瞬間に、じぶんのココロのなかにも
4次元パーラーあんでるせん的な小部屋があることに気付いた。
小まどかな。

今まで、気付いてなかった。

鳩時計みたいに、鳩が出てくる。



今日は、邪宗門の日。
今日も、少し早めに行って、2階でレアチーズケーキ作った。
楽しくて、楽しくてしょうがなかった。
とてもおもしろい。

食べさせてあげたいな、孫にも。
作り続けたいな。

マスターは、今日沼津の方に出掛けとんさった。
夜帰って来んさり、黒玉というお菓子をお土産にいただいた。
さちさんが、お花をいけにいらっしゃって、
終わってから、きれいな女の人3人、マスターと
パンをたべながらしゃべった。

お腹が空いていて、年に1回ぐらいのマックに入って
チキンラップサンドを注文した。
ポテトを揚げている女の方のポテトさばきが
すばらしく、たまに入ったマックで、いいもの見たなあと思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-30 04:15

福岡日記7 sones

sonesに入ったら、ものすごい安心感がやってきた。

安心感っていう言葉ではないのかも。

開放感、自由感、sonesさんの空気感。

空気感。

空気感のなかにおった。


コーヒーと、ケーキを頼んで、
近くの壁を見た。

壁にしみみたいのがあって、
ことばにするとあんまりよくないかもしれないけど、
そのしみがお店の時間みたいで、
すごく好きだった。

お店にあるいろんなものが、
本も、チラシが入っているトイレの手前のラックも、
その壁と、同じ肌触りみたいだった。

キッチンの匂いも、たばこも、コーヒーも、ケーキも
sonesさんの空気。
時間といっしょに重なった匂い。


入り口から入ってくるひかり。


コーヒーと、チーズケーキを食べた。


1時過ぎ。


cafe weekの全体話し合いまで、もうちょっと。
その光りの空気の中で、
過ごした。



f0146828_328215.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-30 03:22

福岡日記6

マサミさんのお父さんが、ゆっくり福岡の裏通りを走って、
sonesのある薬院まで連れて行って下さった。

車で、「また、福岡にいらっしゃって
、困ったこととかあったら連絡して下さいね。」
っておっしゃって、
sonesの前でお別れした。

お父さん、
ありがとうございます。

cafe weekの全体話し合いの時間まで、1時間ぐらいあったから
sonesに入った。



(思い出したらせつなくなってきた。
 みなさんやさしかった。)
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-29 16:12

日々の日記も書くのだよ。

今日は、家でいろいろ。
邪宗門で教わった紅茶や、ウインナーコーヒーや
コーヒーの煎れ方を書きだしたり、
レアチーズケーキのレシピをまとめたり、
イネルに行く前にケーキを焼きたくて焼きたくて、
バターを取り出したけど、卵がなくて、
買いに行きかけたけど、
イネルに、鳥取に6年住んでらっしゃったというkさん(イネルでの次の展示のかた)
が、絵を持っていらっしゃるよ
というメールをめぐさんからもらって、
お会いしたいなあと思って、
早めに出かけた。

ミクシイーのすきなことの欄に鳥取って書いてあって、
日記もすきで、
好きな音楽も似ていて、
お会いしてみたいなあと思っていた。

でも、間に合わず。

メニュー表作りに没頭した。
今日の当番のさっちゃんが、チャイと、その後コーヒーをそっと側に置いて
くれた。

夕方、メグさん、丸さんが帰ってきて、
弁天さまじゃなくって、
おたふくさんかな
のおまんじゅうをもらった。

そば茶を煎れて、4人でお茶した。
メグさんが、クッキーの生地を丸めていて、
指がきれいだなあって思った。

家でごはんが作りたくて、作りたくて、
八百屋さんに行ったけど、
買いたいなあって思わなくて、
帰ってきた。

タマネギをスライスして、お母さんが送ってくれた
鳥取の白髪ネギを切って、
バターでじっくり静かに炒めて、
少しだけ水をいれて、煮込んで、
ミルクをいれて、
白いろのお味噌をいれて、
スープを作った。

ゆっくりやった。
じっくりやった。
あせらずやった。

そしたらじっくりとした味になった。

作っているとき、大学のときの先輩から電話があって、
すごくおもしろい映画の上映企画に誘ってもらった。
家にプロジェクターを持ちこんで、
映画をみて、ごはんを食べる。
今回の映画は、日本の古い映画2本だて。
で、つぎは、台湾とか、アジアとか、
旅するみたいに
映画で旅して
国を渡って行く。

ごはんをみんなで持ち寄って、
終わってから、
飲みながら食べる。
そのとき、みんなで話したことが
次のたくらみにつながったりするのかな。
おもしろいことは、そういうゆったりとした空気の中から生まれて
くる気がした。

アイディアとはすごい。
楽しいこととはすごい。
その先輩はすごい。

今月は行かれんけど、来月ぜひ参加したいな。


ふにゃーとなったり、
きちっとなったり、
強くなったり、弱くなったり、
にんげんとはたいへんじゃな。
でも、ふにゃーも、きちっも
弱さも強さも
ぜんぶひっくるめて
必要なのだと思った。
そんな、今日の終わり。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-29 01:04

福岡日記5

空港に着いたら、マサミさんのお父さんが、ゲート
入り口まで迎えに来て下さっていた。

初めてお会いする。

お父さんが準備体操しとられるのが遠くから見えた。

空港をでた横断歩道のところで、しっかり目をみて言葉を交わした。
マサミさんの目にすごく似ていらして、安心したような
気持ちになった。

福岡は曇空。
すごく寒かった。

お父さんが、駐車場まで案内して下さった。
駐車場のお金、200円だった。
車を駐車場に停めて、私たちを迎えに来て下さっていた。
本当に、ありがたく思った。

市内に入るまで、「海がみえますよ」
とか、「この道は親不孝通りっていうんですよ」とかって、
いろいろお話してくださった。

ずっと、「ですね」とか「ますよ」って
話しかけてくださっていたように思う。

hotelの所で、ごはんでもどうですかって、とっとりのnoppo
さんに連絡したけど、今じぶんがどこにおるのかよくわからず、
のっぽさんがおんさるらしいところもよくわからず、
お父さんに説明したら、近くですよ。って
そこまで車で連れていって下さった。
天神の、三越と大丸の辺り。
福岡から帰るころには、その道すがらもすっかりわかるように
なった。
警固神社の前を2回通った。

で、のっぽさんも車に乗って、
お父さんの弟さんがやってらっしゃるお蕎麦やさんに
4人で行った。

広い厨房。

何でも好きなものを頼みんさいって、
で、おそばだけじゃ足りんだろうからって、ちらし寿司といなり寿司
もとって下さった。

おいしかった。

メグさんとのっぽさんは初対面で、
お父さんは3人と初対面で、
でも、いろいろ話しながら、福岡初のごはんを食べた。

おいしかった〜。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-29 00:10

空が白い。

携帯の調子がすごくおかしい。
充電機能も弱っておるし、突然切れたりするし。

だいじょうぶかなあ。
買い換えどきなのかな。

携帯から離れよう。

ついでに、眼鏡も柄の部分が壊れた。

壊れほうだいか。

空が白い。
今日はずっと白い。
お昼にちょっとだけ泣いた。
理由ない。

あー、空が白い。

自分の気持ちの芯の部分を
ぎゆっと掴んどきたい。
そのこと考えたときに泣いたのかなあ。

元気がないわけではなく、
向かいたいことが見えてきたんだと思う。

ただ、それが溢れたみたいになって、
涙がでた。

がんばろう。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-28 15:35

福岡日記4

飛行機は、少し多めに空をぐるっと回って、福岡空港に着いた。

飛行機から福岡の街が見えた。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-01-28 11:12