星カタツムリ日記

<   2008年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

くるま

くるまに乗って、ずーとずーと、好きな音楽を聴いて、
うみがみえる道を走ってみる。

うみが見えたらあって思って、
そのままそのままなにも考えずその道を走ってみる。

聴こえて来た音楽や、見えたけしきは、ココロん中に残って、
ふって、いつか思い出したりする。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-26 01:07

かたつむり。

じいっと止まって、動かないカタツムリを、雨の日にじいっと止まって
のぞきこんだ。

星カタツムリ日記、ちょっとだけきゅうけい。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-19 10:08

鳳凰の間

カルマからの帰り道、中野の夜のなかで、月がぴかぴかに
輝いとった。

きれいだなあと思って、西荻の駅でまっておるリョウコちゃんに向かって、
自転車を走らせた。


今日は、カルマあがりで、鳥取から来てくれたリョウコちゃんと、カルマでごはん食べた。
いつのまにか、ここは鳥取?鳥取におるような気持ちになった。
メグさんがイネルから戻って来て、
カルマの定番のアジアン焼きそばを作ってくれた。
メグさんが戻ってくると、おもしろいことがおこるので、おもしろい。
今日も、楽しく笑いながらごはんを食べた。
リョウコちゃんと一緒にいたら、気持ちが移ったのか、鳥取から上京したての
気持ちになり、メグさんや、丸さんに会って、カルマっておもしろい所だなあと
思った。
バレンタインだからかな、丸さんは笑顔で帰って行った〜。

待って〜と思いながら今日も通り過ぎて行き、
帰ったら、あやちゃんが、りょうこちゃんに会いにお茶を飲みに来てくれて、
バレンタインの、ブラウニーケーキをくれた。
アヤちゃんのケーキは、粉の味がしてほんとにおいしい。

そこでもまた、たくさん笑い、真剣に話してみたりしながら、
お風呂屋さんの時間になりおひらき。

銭湯に行って、いつも会うおばちゃんに、久しぶりに新作の
体操を教えてもらって、1日が終わっていったよ〜。

一日の終わりに読んだあやのちゃんの日記がすごくおもしろかったよお。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=715581599&owner_id=15354425

リョウコちゃんと、最近ドラマ見とる?という話しになり、
特にみてないけど、「鹿男」のエンデイングの曲が流れとるところが
おもしろいって教えてもらった。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-15 03:18

夕方まえの光。夜の影。

f0146828_2471361.jpg


夕方になる前に、家に入ってくる光り。

きれいだなあって思って、こたつの中で見ていた。

イネルに行って、メグさんに会って
イネルでカレーが食べたいなあって思って、
日が暮れる前の時間、出掛けようとしたけど、
まだ本調子じゃないと感じ、夜のバイトの時間まで、家の中におった。

昨日、おとついの熱は、なんとなく知恵熱も混ざっとるんじゃないかと思う。
まだ、新しいバイトが慣れんくて、キッチンに入ると、頭に血が上っとるのが
わかる。わかる。
ちょっとずつ、落ち着いて、まわりが見えるようになると、いい。うん、いい。


帰りに、遅くまでやっとるスーパーでピノを買って帰った。
自転車で、いっこずつ、口にいれて食べながら、寒い寒いと思いながら
帰って来た。
ピノ、なつかしいぞ。
おばあちゃんちに行ったとき、よくお風呂あがりに食べた
にくいやつ。
いつになってもおいしい。


夜の街灯が道にあたって、影をつくっていた。


明日、鳥取の友だちが来る。

楽しみだなあ。

うれしい。


ひとりごと。

気持ちのなかで、たゆたゆとゆれていることは、
手にとってみえんけど、
揺れとるのはわかって、
その揺れとる様子とか、光のあたり具合みたいなのもわかって、
それが気持ちを通り越して、のどの所までくると、
気持ちが溢れたみたいになって、泣いてしまうなあって
思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-14 02:54

福岡日記15

sonesまで、メグさんと、田井さんとタクシーで戻って、
それから次のお店に連れていってもらった。

オレンジ色のタイルのかべのビルの2階にある、バー。

入り口に、いろんな音楽のチラシが貼ってあったり、置いてあったり。

入ったら、うす暗いなかに、オレンジのライトがぽおっと、ところどころ
ついていて、席は、お客さんでいっぱいだった。

これからなにが始まるのかわからないままそこにおったような気がする。

ただ、なんか楽しくて、そこの空気も、心地よくて、
ぽーと、いろいろ見たりしていた。

eliさんのライブがこれから始まる。

目の前に、マイクスタンドとギターがおいてあって(確か)
オレンジのライトがあたっていた。

ホットレモネードを頼んで、飲んだ。

本当に気持ちがあったかくて、初めてきた場所なのに
東京におるときよりも、
体のどっかがリラックスしとった。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-13 01:57

3時の雨。

こんなに寝たのは、何日ぶりだろうかあっていうぐらい、
たくさん寝続けた。

朝、一回、目を覚ましたら、まだぼーとしとったけど、熱は引いとる感じがした。

また、ふとんにもぐって、次に目を覚ましたら、雨が降る音がして、
3時ぐらいだった。

ぼんやり、カーテンのむこっがわから、雨の音がして、安心したような気持ち
で、また眠った。

起きたら、夜の7時を過ぎていて、一番近いお店に自転車で買い出しに行った。
雨はやんでいて、寒かったけど、外の空気が気持ちよかった。
ソーダ水と、みかんがたくさん入ったゼリーと、伊予かんと、
野菜ジュースと食べるスープを買った。

ふとんの中におると、いろんなことがどんどん通り過ぎっていってしまうような
気持ち。
通りすぎていくのを見ているような気持ち。

窓を叩く、風の音がして、静かだなあって、落ち着いとるような気持ち。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-13 01:09

ことことと。

またもや、風邪をひいた。

くやしいような。

ことこと、煮込まれておるスープみたいに、こたつにくるまって、
微動だにせんかった。

頭も、体も熱いなあ。
ほんとうに、じぶんがスープのようで、動くと煮くずれる、
スープがよどむと想像していた。

チャイが飲みたいなあって思った。

昨日、やっぱりがんばりすぎたのだろうか。
起きたら朝の10時で、電気がついたまま、気持ちよく、うたた寝をしていた。
起きたら、気持ちよくて、ちょっとごはん食べて、また
丸くなって、眠った。

ハナレグミの人が笑っていいともにでているのが見たくて、
起きた。

あの、ふわふわした空気の中で、サヨナラカラーを唄って、
すごいなあって思った。
ハナレグミの人が、タモさん、やさしいって言った言葉が
ほんとだなあって思った。
タモさん、やさしそうだった。

邪宗門に、ケーキを作りにいかんと考えながら、また眠ってしまって、
邪宗門の2階が、おもいっきり夢にでてきた。

夕暮れ前。
今日は、洗濯をほしとる時の空気が冷たくて、気持ちよかった。

日が長くなったんだなあって思った。
この時間にでたら、前は、暗くなってた。
今日は、中央線から、西の空の夕焼けがきれいに見えた。

着いて、下に生クリームを取りに行ったとき、新潟の邪宗門から
送られてきたという、ささだんごをいただいた。

作りかけたら、もうひとりのケーキを焼いとる子がきて、
さいきん起こったことに、その子ももう1人の子も、
すごく考えていて、
じぶんのことじゃなく、人のことを考えていて、
なんと、こんな場所があるのだなあと思った。

帰りがけぐらいから、これはやばいなあと思いだした。
こんなときに、風邪をひくとは。

くやしい。

花がきれいに咲いておる。

チャイが飲みたい。

このまま、じっとしとったら、よくなるのだろうか。

なぞ。

NHKの街角ぶらり旅にマカオがでていた。
ポルトガルの船が、アフリカを回って、
アフリカでチキン料理を食べて、その船がインドに行って、
インドの香辛料がそこに加わり、その船は東南アジアに行き、
ココナッツミルクが加わり、マカオに行って、マカオのバーベキュー文化
と合わさって、アフリカチキンという伝統料理ができたそうだ。

それと、屋台のおじさんが、麺をすくうザルの上で、調味料をいろいろ加えて、
ひとつのラーメンを作っていて、これが食べたいって思った。

アジアの方にも行ってみたいな。
そのラーメン、かなりおいしそうで、かっこよかった。
頭がもうろうとしとって、ボーとしとったけど、
そこにはしっかり感覚が働いていた。

さっき、水を飲みにいったとき、これはスープでいう差し水だな
って思った。

これは、関係ないことだけど、
コンビニで、POKKAのコーンスープを買って帰った。

今夜はそれだけ飲んだ。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-12 01:36

福岡日記14

連れていってもらったお店で、今でもしっかり覚えておるのは、
大久保さんが、「とにかくお腹が空いているから、どんどんパスタか、
ピザ頼みましょう」
っておしゃっていたこと。

みんなで話しておったとき、大久保さんが、話しを聞いてくださる
方なんだなあて、ほっとしたような気持ちでかんじたこと。

それと、キッチンの男の人のこと。
緑の白のボーダーのシャツに、ニット帽をかぶっていらした。
すごくすてきだなあって思って、そのなかにある、
厳しさが、ずーとずっとしつこいぐらい、気持ちにあって、抜けでていかん。
居座っており、だんだん根をおろしだしたよ。

eliさんのライブが、近くのバーであるからよっと、そこに移動した。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-11 03:01

タイとバー

久しぶりに酔ったー。

昨日も酔ったけど。

タイ料理やさんのバイトが終わってから、西荻のバーに連れていってもらった。
すっごいみすてりあすな、かっこいいばーだった。
新しいせかいが、またひろがった。
お店とは、宇宙のようで、本当におもしろい。
天井にチョウチョがいっぱい付いていて、中央線ぽい、高円寺ぽい心地も
しつつ、紫のあかりと、タイ料理屋さんの店長の女の人のここちは
ぴったりだなあと思った。
席、色んな人お客さんがいて、みんな楽しそうだった。

キューバかどっかの、おすすめのラムをソーダ割りで頼んだ。
心地よく酔った。

カルマあがりでタイ料理屋さんだったから、
体も、気持ちも疲れきっておったが、だしきっての疲れは、
心地いい。

ごはんがおいしくて、ぐっすり眠れるのがいい。
で、明日がきて、新しい日が始まるのだな。

ありがたい。

ありがたい。

こういうふうに、じぶんをだしきりたいのだな。

おもいっきり働いて、おもいっきり笑って、
今日が終わって、明日が来るのだね。

だしきると、次のなにかが充電されとる。

このシンプルさが好き。

明日は、邪宗門。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-11 02:13

雪道。

自分のことをバカだなあって思うのは、よくある。

失敗したときとか、なんかやらかしたときではなくって、
ぼーと、家のこたつで空を見たときとか、
駅までの道を歩いてて、橋の向こう側をみたときとか。

なんでそう思うんかわからんけど、ばかだなあって思う。

最近、ほんとうに自分が大事にしたいことがわかってきた。

それは、気持ちをつかって生きるっていうことで、
気持ちを使わなくても、いろんなことは
どんどん流れていってしまう。

でも、それじゃあ、結局じぶんに何にも残らんくて、
何がしたかったのかなって思う。


最近、見たり感じたりしたことは、そういうことにつながっていた。

今日は、イネルを少しだけ早く閉めて、
アミイゴさんがDJのOur Songsっていうイベントに行ってきた。

福岡ですごく気持ちよかったeliさんのライブ。
音楽と空気が一緒に重なって、うたと心地が溶けた夜。

そのライブが東京でもあるよって、メグさんが
カルマのみんなを誘ってくれて、丸さんと、あやのちゃんと、
よしみちゃんと、メグさんと行った。

行きがけ、雪がいっぱい降ってきて、気持ちよかった。

音楽って気持ちいいな。

私は、音楽のことあんまり知らん。
でも、音楽が流れてきて、気持ちいいなって思った。

うたとうた、ライブとライブの間に流れてくる曲の気持ちよさ。
音楽のこと、あんまり知らんけど、
いつかどこかで聞いて、あって思ったけど、
いつのまにか時間の粒のなかに沈んでいって、
その粒のなかからひょいって取りあげてきた曲たちみたいだった。

オオタユキさんのライブ。オオタユキさんのたたずまいに気持ちをつかまれ、
うた声にも。その声の中に入っていくみたいに。

eliさんを見ていると、笑顔になって、気持ちがゆるむ。
ゆるんで、そのうたごえの中で、今日もゆらゆらゆたゆた
遠い日におるみたいだった。
トイレで、生着替えするとこに遭遇し、
「おっささきさん、着替えるけど。みたくないかあ。」
ってぽろっと言ったことばにつられて、みたくないかあって言っちゃった。
見たいけど、恥ずかしいっていう感じだっとのに。
頭がまっしろになったので、、eliちゃんありがとうと言ってでてきた。


終わって、外にでたら雪はやんでいた。

渋谷のよるの中で、今日が終わって、
たくさん欲しがらずとも、今日みたいな時間が重なっていけばよいのだと思った。


今日も、うたた寝をしてしまった。
いま6時半。
空が明るい。
ちょっとずつ、夕方も長くなっておる。


今日のイベント、ほんとに気持ちよくて、
そらみたいにひろーい場所におるみたいだった。

 
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-02-10 06:31