星カタツムリ日記

<   2008年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

かくこといっぱい

だけど、もう、ほんとに疲れきっておる。
でも、リョウコちゃんとか(看護士さん)、もっとハードなんだろうなって思った。

今週末は仕込みもしっかりあったし、どのお店も大繁盛で
からだがくたくた。

気持ちは元気だけど。

アヤノちゃんの日記にあった、「我を忘れる」ぐらいカルマでの仕事、タイ料理
やさんの仕事、じぶんの好きなことに熱中したい。
我を忘れるくらい、もっと真剣に働ける気がする。

きのう、イネルに1ヶ月の赤ちゃんを連れたお母さんがいらっしゃった。
2人席から、4人席に移動されるとき、
「赤ん坊をつれて外出するのが初めてで、勝手がまだよくわからなくて」、
っておっしゃった。
1ヶ月検診で、初めて一緒に2人で出られたそう。
なんか、それがすごくリアルに伝わってきて、
そうかって思った。
赤ちゃんを産むってことは、お母さんにとっても色んなことが初めてで、
いつかじぶんが、初めて赤ちゃんを連れて外出する時のことが
伝わってきた。
きっと、本当にどきどきなんだろうなって思った。

赤ちゃんはまだ初々しくて、生まれたてのようだった。


自分に自信がなかったこと。
働きながら、怒られながら、経験しながら、それを埋めていっているような気がする。
怒られるところは、じぶんの穴の部分で、するどく指摘されると、
あっ、て思う。
もう繰りかえさんように、ぎゅっとしつこく反省する。
もっともっと自信をもって、全体が見えるようにどっしりと働きたい。
落ち着いて、素早く、いいリズムで。
がんばろう。


雨が冷たくて、気持ちよかった。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-31 03:30

コーヒー

ずいぶんとコーヒーを家で飲んでないなあって。

桜がきれいに咲いている。

ちりとてちんが終わっちゃった。
昨日、見てて、すごいドラマだなあて思った。
最後の5分、すごくしぜんにすうーって涙がでてきた。
お母さんってすごいんだなあ。

くるりの春風をよく聞いておる。

天気がいいなあ。

4月はどんなことが起こるんだろう。

おとつい、カルマに、cafeweekのミーテイングで知り合った、
福岡のイコネのtさんがアミイゴさんと来て下さった。
カルマあがって、駅に向かう道ですれ違って、あっ!て、
びっくりした。
カルマに戻って、一緒にコーヒーを飲んだ。
お二人はオムレツライスと、ビールーを。
時間があまりなかったのと、急で気持ちがびっくりしていたダブルで、
ゆっくり話せんかったような。
また、イコネに行って、tさんのご飯食べたいなあって思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-29 10:42

あめ玉。

よるのなかに、いろんなおもいが解けて、
きょうが終わった。

あめ玉みたいな。
きいろや青や、ピンクや赤。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-27 03:21

夜の日。

色とか、
光りとか

あったかいこととか
風通しがいいこととか。

そういうことがじぶんのなかにあって、大事だときょうの夜は思った。

きょうのよるは、ぼんやりしている。

ぼんやり考えている。

つきも、にじんでぼんやりしていた。
きれいに光っていた。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-26 03:28

雨あがりのディナー。

f0146828_3214227.jpg
f0146828_3222620.jpg
f0146828_3223697.jpg
f0146828_323441.jpg



めぐさんちで、きょう雑誌の撮影があって、そのとき、めぐさんが
ライターさんやカメラマンさんやあやのちゃんや、cocoaさんに作った
お昼ごはんを、夕方イネルに持って来てくれた。
カオルちゃんのぶんとっといて、夕方イネルに持っていくよって
朝メールがあった。

すごくうれしかった。

久しぶりに食べためぐさんのごはん。
あったかくて、おいしかった。
サラダのドレッシングも、いろんな種類のやさいも、
小分けにして、ジップロックにいれて持ってきてあって。
ひとつめの写真は、その夕方のごはん。

ふたつめは、きょうカルマのミーテイングがあって、そのときに
めぐさんがcafe weekのポスターをみんなで描こうってなって、
そのとき描いたもの。

あやのちゃんとヨシミちゃんとまわる阿佐ヶ谷ぐるっとツアー、
おもしろいことになってきていた。

来週は、代田橋のchabbyさんとアミイゴさんとほかたくさんのひとたちと
栃木に畑&おいしいごはん&うたのツアーがあるそうで、
すごい楽しそうだなあ。と思った。
栃木の空気、気持ちよさそうだなあ

その日はバイトが入っていて行けそうにないんだけど、
めぐさんが、ぜったい楽しいけえ、カオルちゃんもなんとか行けるようにって、
ぽって言ってくれたことばが気持ちにしみた。


最後のは、ミーテイングのときリョウタくんが作ってくれたドリア。
おいしかった。
リョウタくんは再来週から鳥取に車の免許をとりに行くらしい。
いいなあ。
一緒に帰りたい気分。


気分んんん。


気分だけ。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-25 03:55

西荻のよる。

西荻の夜道を歩いて帰ってきた。

着いたら3時半ぐらいだった。

新聞配達のひとのバイクが見えた。
カラスがカアーって鳴いて、夜明けみたいって思った。
でも、まだ夜だった。

きょうは、お昼カルマと夜タイ料理やさん。
どっちもよく混んだ。

片付けして、ご飯食べてたら3時になっていた。

明日は、イネル。

働くなあ。森のなかに行きたい。
こわいからひとりじゃないほうがいいな。
木の空気の中におりたい。

最近は、じぶんの内側のことより、外側のことを考えることのほうが
多くなった。

外のせかいがおもしろい。

昨日、はたのさんちで、おもしろい出会いがあった。

いろいろつながっとるんだなあ。
おもしろいつながりかただった。
鳥取に帰ったら飲もうって話しになった。


夏、タタタタイに行くことになった。
これもなにかのご縁です。
全く行く予定はなかったのに。
タイ料理、毎日食べれる。

今日は、アイスクリーム2回食べた。

タイ料理やさんのまえに、ぼぼりで。
タイ料理やさん終わってから、帰り道で。

前半は、キャラメルナッツといちごミルクのダブルで、
帰りは、チョコの濃厚なの。

夜道のアイスはおいしいなあ。

雨が降ってきた。
なぜに。
急にだね。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-24 04:50

花びらのなか。

おぼろつきよはどこかに行って、今日ははっきりとした
まーるいつき。

くにたちのはたのさんちに行くまでの、みちから、きれいにひかる月が
見えた。

イネルに行く時家をでたら、柿の木をはさんで向かいのおうちのこどもたち
2人が、てんとう虫がいたよって、見せにやって来た。
玄関をでて、階段を降りて、門をでて、自転車おいとるとこ。
おねえちゃん5さいぐらいで、弟さん3さいぐらいなのかな。
お母さんは、日本じゃなくって、どこか異国の人で、
窓越しにときどき目があってたこども達とはきょう初めて話した。
ちっこくて、黒に赤い点があるてんとう虫だった。

ぽろって、手から落ちてどっか行った。
落ちたけど、それは、あまり気にしてないかんじだった。
塀に登れるんだよって話しになった。
一緒にしゃがんで話しとったら、かわいくてしょうがなくなっていた。

ばいばいって何回も言って別れた。


イネルの前の木の花びらがきれいで、
手があいたすきにちょっとだけ拾いにいった。
拾ったのをカウンターに置いたら、中からちっこいありがでてきて
びっくりした。
15枚ぐらい拾ったなかに、たまたまおったんだなあって思った。
ありは野生に返した。

今日もイネルの入り口は開けたままで、でもちょっとだけ肌寒かった。



f0146828_2525536.jpg


f0146828_359911.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-23 03:36

おぼろつきよ

今日のつきよは、ぼんやりぼやけて、まわりの
黄色いぼやぼやが甘そうな気がした。
あまいのかな。

高校生ぐらいのとき、月がすっごいきれいな夜は、部屋の窓から
屋根にでて、ぼーーーと
ひたすら、ぼーーーーーと月を見ていた。

まわりは静まりかえっていて、ただ月が、ものすごくきれいに、光って
でとった。

家中のみんなが寝ていて、
夜がしらんまにぐるっと1っしゅうしかけていた。

あの時のひかりは、まだこころんなかにある。



元気がないときは、サイダーを飲む。
甘くないサイダー。

今日のおわり、タイ料理やさんで泣いてしまった。
じぶんの出来んかったことが、くやしくて。
それから、店長のuさんといろいろ話して、
わたしはこの仕事にますますはまっていると思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-21 03:23

にょき。

こんばんわ。

雨だなあ。

西荻着いて、ときどき行く、夜遅くまでやっている、品揃えが好きな本屋さんに
寄ったら雨脚がつよくなった。

小雨にすっかりゆだんしてしまった。

今日は、イネルでめぐさんのクッキーの撮影があった。
カメラのひと、スタイリストのcocoaさん、ライターの方、めぐさんのお菓子が、
ひとつの写真のなかにしゅーって
集約されてできあがっていく現場が見えた。

それぞれの得意なことが重なって、ひとつのものになっていくって
すごいことだなあって思った。

得意っていうか、大事にしとること。


終わってから新宿に行った。

丸さんに教えてもらった、 KOUBOUKAIの人たちの展示を観に行きたいって思った。

ものすごい雨に降られて帰って来た。

帰りに炭酸水を買って、走ると、炭酸が振れて泡が飛び出しそうなことが、
気になって、本気で走れんかった。

ぎゅうって、気持ちの中で、もっともっと本気になっていきたいことがたくさんある。
でもって、まわりにすごい大人の人達がたくさん。
たくさんというか、にょきにょき。

いきたいほうは、にょきにょきのほう。

でもって、毎日は流れている。

ぎゅうって思ったことも、かたちを変えて流れている。

去年の今頃から、20回ぐらい色んなことをふっきっている気がする。
色んなことというか、じぶんのうだうだした気持ち。
脱皮か。

実は、毎日脱皮しとるのだよ。明日も脱皮。せん日もあるけど。
20回は、大脱皮かなあ。


朝干したセーター、雨でぬれてしまった。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-20 01:42

ごはん。

料理がもっとじょうずになりたい。

きょう、思ったこと。

空に黄色い月。
きれいだなあ。

つきのあかりは、きれい。

今日は、たい料理やさんの師匠のuさんが、調子が悪くて、急きょ朝から入った。
uさんはお店の2階で寝とんさって、
私は、uさんのお師匠さんのレさんと入った。
レさんは、出身がタイのチェンマイという東北地方の方で、
日本にお嫁に来て20年近く。
本当に料理がおいしくて、
すごく笑った顔がかわいくて、
おもしろいお母さん。
でも、すごい料理人。

初めて、一緒に入らしてもらって、すごく刺激になった。
手が、何かを触る手が、どっしりと、素材が手にはりついてくるみたいに、
肉ややさいや、鍋をレさんが触っていて、それがすごく刺激になった。

重心がお腹のところにあって、おいしい料理は、こういうところから
生まれてくるんだなって、こころが感じていた。

どっしりとした、しっかりとした料理。

わたしの重心は、まだふらふらしている。

お昼のお店は、のんびりとした空気があって、長屋みたいなつくりだから
本当にタイの路地裏におるみたいに、光りが気持ちよかった。

日だまりのなかに、uさんは横になっとんさった。

夜営業が終わってから、いっつもは、uさんとごはん食べるけど、
今日は、uさん早く帰るから、まかない、持って帰った。

帰って食べたら、本当においしくて、おいしいなあって体ごと思った。

じわじわって、やりたかったことが、じわじわってやって来て、
もっと真剣にいろんなことやっていきたいって思った。

きょう、ちょっとだけ泣きたくなりそうなことがあったけど、
そういうことって、ぜったいてきにじぶんの場合、つよくなる気持ちにつながって
おる。なあって思った。

すごい負けず嫌いなのだなあと思う。

ひととかではなくて、その状況に負けたくないのだと思う。


ばかだなあとよく思う。

ばかだなあ。

もっと自由になって、もっとひろいとこ見てみたい。


基本的にばかなのだ。


でも、ばかみたいでよかったとよく思う。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-03-19 01:10