星カタツムリ日記

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0146828_62895.jpg



バイトから帰って、ふとんに顔をうずめて、そのまま眠っていた。

朝方目が覚めて、のどがかわいて
ビンとか缶のゴミを出しにいくついでに、
お水を買った。


小さい雲がぷかぷか浮いていて、きれいだなあって思った。


ラジオ体操に行ってたときのことを思い出した。


昨日の夜は、三日月が見えた。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-28 06:15

もうちょっと。だけどまだまだ。

タイまで、あと22日。
それまでに、乗り越えないといけない山がひとつ。
まいにち、まいにちタイ料理やさんで働いて、
からだに残っていくものが、次に繋がっていくといいなあと思う。

気持ちをゆるめないで、ぴしっとした気持ちで働くって、
自分の長い人生の中で、すごく大事なことなんだなと思う。

そこから、また何かが湧いてくる。
どこまでついていけるかわからないけど、
それが、自分の根になるようにって、それを思いながら、
今働いている。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-25 01:51

砂丘の海。

免許の更新がお昼前に終わって、
仕事あがりのリョウコちゃんを、
免許センターの広ーい駐車場で待った。

夏の、もわっとした風が心地よく吹いていた。

他の受講生のひとはみんな帰って、
センターの入り口の影のとこで、風に吹かれながらぼんやり待った。

夏だなあと思った。


リョウコちゃんが来て、カレーとかき氷が食べたいねってなって、
べにやに行った。
カレーもかき氷も変わらずおいしかった。

そのあと、コトヤさんに行って、
のんびり歩いて、駐車場に戻って、
parkに行った。
行ったら、お兄さんはおんさったけど、お休みということが発覚して、
でも、エプロンを腰にまいて、
まずいから普段はださないというミルクシェイクを作ってくださった。
シェイクは泡がおいしくて、甘くて冷たかった。
今日の夏の味がした。
おいしかった。
リョウコちゃんはきょうが誕生日で、
リョウコちゃんにあげた3輪のひまわりの1輪を置いて帰った。
カレーを食べるまえに砂丘の海岸に行って、
parkの帰りにもういっかい砂丘の海岸に行って帰ってきた。

飛行機でよく寝た。

おとつい鳥取に帰ったときは、鳥取の空港のシンプルさに感動した。
今日は、降り立ったとき羽田空港のたくさんの光りが、すごくきれいに見えた。

銭湯に行った帰りに自販機でお水を買って、ごくごく飲んで、
そのとき風が吹いて来て、
そのとき、もっとがんばろうって思った。




f0146828_0331633.jpg



本当は、こんなふうに旅ばっかりしてくらしたいなあって思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-23 00:38

帰り道

今日は、倉吉に行って、8月に上映する豊田家住宅さんを見学したり、
倉吉のカフェや雑貨やさんをいろいろまわって、DMを置かせてもらったりした。

1日中いい天気で、大学のときの先輩の車でまわりながら、
倉吉の街をいっぱい見た。

道が広くて、高い建物がなくて、
今日は、空が白っぽく見えた。

先輩と、その先輩の恋人の空気がここちよくて、
おじゃまだなあとおもいつつ、でも楽しかった。

帰り道、夕方の国道を走りながら海が見えて、
きれいだなあって思った。

きれいっていうか、生まれたときからそこにある風景で、
そこに海があることが気持ちのなかに残った。


海や、山や、月のひかりや、虫の声や、
そこから離れたくないなあって思った。

これからどこに向かっていきたくて、
なにを感じていきたいのか
今日もお風呂からあがって、
月を見ながら思った。

黄色く、そのままの明かりで、
いろんなことが素直にかんじれる気がした。

だからずっと見ていた。


しずかだなあって思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-22 01:26

鳥取の月

お風呂からあがって、外に出たら広い夜の空の中に
月が見えた。

きれいだなあと思った。一緒に虫の声が聞こえた。

おじいさんと、おばあさんの法事と、免許の更新と、
八月に倉吉であるイベントの下見で、鳥取に帰ってきた。

今日は法事で、色んな親戚の人に久しぶりに会った。
おばあさんの妹さんのおばあさんが、
亡くなったおばあさんの面影に似ていて、
おばあさんのこと、ずっと思い出していた。

東京にはない空気。
高校野球の準決勝をやっていて、
それをみんなが見ていて、
庭にたくさんのみどりが
めいいっぱいある。

その空気を、体がすごく感じていた。

今日は、朝いちばんの飛行機で帰って、
迂回して、空から鳥取の海が見えたとき、
なんてきれいな海だろうって思った。

山も緑も、こんなにあったんだなあって、誰にも言わないけど、
気持ちのなかでびっくりした。


夜、ともちゃんと会って、おいしいご飯を食べた。

駅まで、夜の道を歩きながら、
花見橋のとこで見えた夜の街の明かりと、
お月様の光。
川の水面に月の光がうつって、あめんぼみたいなのが、雨が降った時みたいな
円をつくっていた。
風が気持ちよくて、それをしばらく見ていた。

東京で、ぎゅっとかんじていたことと、
いま感じてることが
つながっている。

いっこいっこだいじに感じていきたいなあって思う。



f0146828_0453657.jpg
f0146828_151119.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-21 00:36

すいか

去年の今頃の日記を、ちらっと読んだら、
自分の居場所の違いにびっくりした。

去年の今頃感じていたことを、今は全然感じていない。
でも、去年の今頃感じてたじぶんの気持ちは、なつかしい。
大事な感じがする。

8月の14日に、鳥取の倉吉の古民家で、らいぶと映画とごはんのイベントを
手伝います。
すごく楽しみで、緊張もしている。
cotoyaさんや、大学のときの先輩や、いろんな人と関わって
何かが出来て行くのがありがたく、おもしろい。
cotoyaさん、本当にありがとうございます。
ボルゾイさんのライブ、映画。
その場所の下見と、法事と、免許の更新で再来週帰れる。

楽しみ。

くよくよ考えたり、もやもや考えたりするのはやめようって思って、
現実は塩辛いけど、そのなかにあるどきどきや、
現実的ななにかがおもしろいって思う。

じぶんのなかにあつーい壁があって、
それがわれたら、もっととおくがみえたりするのかなって思う。

生きるって、
本当に色んな人との関わりと、自分の中の色んな湧き上がってくる気持ちで
できていて、
すごいなあって思う。

まだまだ未熟だけど
よー。


おやーすみー。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-13 00:55

今日は。

今日は、中国茶の講習に行った。

講習っていっても、かたぐるしいものではなく、
context-sさんっていう、古道具やさんで、お茶をいれてもらいながら、
中国茶のお茶の時間を楽しむひととき。

楽しんだ。

こころから楽しんだ。

中国茶ってすごくすてきだなあと思った。
だれかと、一緒に、のんびりとお茶を飲むって、
すばらしく、すてきなことだ。

お茶、って、すごい。
コーヒーも、紅茶も、日本茶も、
とにかく、お茶を飲むっていう文化って、
とてつもなくすごいと思った。

私は、世界をまだ歩き回ってなくて
私が知らないおもしろいことがたくさんあるんだろうが、
このひとときって、日常の、すごく気持ちをなごましてくれる大事な
ひとときだなあって思った。

中国茶ばんざい。

タイ料理屋さんのバイトで、タイのマッサージ屋さんでもらったお香が
臭くてだれもいらないから、もらって帰ったら、
蚊をとるベーブの匂いに似ていて、
ベーブの匂いがなつかしくてすごく好きだから、
このお香、もっと欲しいなって思う日々。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-07 04:24

7月。

「セクシーボイスアンドロボ」を、dvdでかりて、毎日見ていて、
おもしろいなあって思っている。

すごく遅く帰った夜も、ちょっとだけ見て寝る。

雨が、降って来ている。

今日も、ものすごく暑かった。

おもいっきり、おもいっきり寝たい。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-07 03:59

実感

感じたことと、感じなかったこと。

感じたけど、忘れてしまったこと。

感じたけど、忘れてしまった
ことのことを思った。

感じたけど、忘れてしまったものが山ほどあって、
でもまた、次の何かに出会って、感じて、思って、
なんか、その忘れてしまったもののことを思ったら、
何か分からんけど、安心したような気持ちになった。

今日の夜は、アグネスさんと、cocoa*さんとごはん食べた。
ビールがおいしかった。

西荻まで、3人で歩いていて、橋のとこから、
夕暮れの空が見えた。

きれいなピンクと、きれいな青が混ざった空だった。


どんなにどんなに忘れても、
体のどっかで覚えているから、覚えてなくても、残っているから
大丈夫のような気持ちになった。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-07-01 01:32