星カタツムリ日記

<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ぐるっ

窓ぎわと、玄関先に植木鉢がある。そこに水をやるときが気持ちいい。

毎日色んなことを思って、
バイト先でのことや、
今日なにしよっかなあとか、
銀行いかんととか、
いろいろ考えるけど、
はちに水をやるときは他のことは全部忘れて、
花の様子や、葉っぱの様子や、
いきいきしてるかとか、
そのことに集中していて、
元気そうだと今日も元気だと思って、
安心したような気持ちになる。

鉢のいきいきしたものからもらっているもの。

ぐるっ、ぐるってそんなふうに毎日がまわっているような気がして、
ぐるっていうタイトルにした。

昨日やったことを今日もやって、
でもなんか毎日ちがって、
らせん階段みたいに
空のほうにつながっているみたい。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-30 03:39

お腹が空く。

お腹が空くと、そのことばっかり考えてしまうし、
落ち着かない。

だから、ごはんを作る仕事をしているのかと思う。
食べることが自分の人生にとっては一大事なことなのかも。

もっと、料理のことがんばってふくらませたい。

お腹空いた。

丸師匠に相談したら、まずはいろんな人に作った料理を食べて
もらうことだと言ってもらった。
お店で教えてもらったり、やってること、
今度は私が考えて、家だったり友だちんちだったり、
誰かに食べてもらって、いろいろ言ってもらって、
色んな所で料理してみればいいと
教えてもらった。


そして、
トットリノススメ!
ご存知ですか?
http://www.tottori-susume.com/index.html
こっからすぐそっちにとべる書き込みかたがわかりません。

行きたいイベントがめじろうしだった。
すごい!
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-27 03:31

3ねんご。

ずいぶん前にばななさんの日記を読んでいて、
「何かに迷った時、例えば今やっていることを続けるかどうか迷ったとき、
それを続けている3年後の自分を想像して、そこに光りみたいなクリアーな
イメージがついてきたら続けてみて、
そこに光りみたいなのがなかったらやめたほうがいいんじゃないか」
(それを読んだ時の私の解釈)
っていうことばがあって、
それが記憶に残っていて、
なにかに迷ったとき、そのことを想像したりする。

偶然とかはあんまりなくって、いろんなことが
そっちにひっぱられるように流れていくのかなって
最近思う。

そんな感じ。

家族モノのドラマに弱いことが
分かった。
なんかのドラマで、家族のシーンがでて来て、
何かその感じがよくて、
主旨と全然ちがうところですごく泣いていた。
そのとき、頭の中には、サザエさんのマンガが出て来てて、
生まれた時から側にあったからってだけでサザエさんのマンガを何回も読んで、
家族のだんらんのシーンには、
サザエさんちのちゃぶ台がでてきて、
家族の原風景みたいなのにもサザエさんちが出てくる。

マスオさんか誰かが夜遅く帰って来て、
誰かが居間で起きてて、
ちゃぶ台でお茶漬けとか食べながら、夜のあかりの中で話すかんじ。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-25 02:18

あめ。

雨が降ってきた。

午前中のバイトが終わり、
夕方からのバイトまでの間の時間。

ななちゃんが働いているお花屋さんで買ったジャスミンの
花がいっせいに咲きだした。

白い小さい花。
顔を近づけるとジャスミン茶の匂いがした。

雨の音。

遠くで建築中のいえのおと。




f0146828_15454065.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-23 15:45

ハイビスカス

昨日、おもてにでたら、ハイビスカスの花が咲いていた。

薄いピンク色のきれいな花だった。

花びらが大きくて、力強いけど、どこか可憐な感じがする。

南国の花なのに、
よくこんな寒い時期に咲いたなあと思った。

タイに行く前に買ったのかなあ。
気付けば10月。

早いなあ。

最近、毎日が楽しい。
なぜだろう。

めいいっぱい怒られるし、
別に全部がうまくいってるわけじゃないけど、
自分の未発達で、未開の部分を
人と関わったり、
経験したり、
話したり、
知ったりして、
埋まっていって
なんか新しく作っていってる気がする。

だからおもしろいんだと思う。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-20 03:20

昨日の話しでおもしろかったこと。

昨日聞きにいった話しでとくにおもしろかったのが、
目人間と、字人間のはなしで、
角田さんは字人間で、
物語を書くとき、その光景は浮かんでこなくて、
角田さんの中から出てくるストーリーや設定をなんとか字に
置き換えようという作業のなかで、小説をつくりあげていて、
字と格闘するぐらい字と向かい合ってらっしゃるんだなと思った。
長野さんは、
本棚から小説を取り出すときは、そのストーリーよりも、
そのシーンや光景が浮かんできて、
物語を読む時も、
その光景を頭の中に浮かびあがらせながら読まれるそうだ。

ほかにもいろいろめにんげんと字人間について話しをされていたが、
それぞれ、その人の中から出てくる、その人のかたちやくせみたいなのが、
すごくおもしろいって思った。

そう考えると、世の中にでてきている小説や、絵や写真や、映画や、
料理やいろんなものに、それをつくった人のかたちや、くせや、
その人の内側のものがでていて、
それを感じながら本を読んだり、自分がいいなって思ったものに
ふれると、なんかもっとおもしろい気がした。

でもって、なにか自分が自分の内側のものを、
外側のかたちのあるものに変えようとしたとき、
なににこだわって、
何に固執してしまうのか考えるのもおもしろいなあと思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-19 03:13

よるのきぶん。

昨日は、フォイルギャラリーに長野陽一さんの写真展を見にいって、
あやのちゃんが長野さんと角田光代さんとのトークイベントのチケットも
とってくれてて、
そのトークイベントがすっごいおもしろかった。
聞きながら、表面ではなくて、
話しがどんどん奥に深くなって、
いろんなことが発見されて、
すごいおもしろいなあと思った。

私は、角田さんの本をあまり読んだことがなかったけど、
角田さんが長野さんにいろいろ質問して、
その人の体の中のことばみたいなのを掘り出していくのが
すごいと思った。
「シマノホホエミ」
っていう長野さんの写真集、すごくすてきな写真集だった。

そのままあやのちゃんと、新宿に行って、
ベルクでいろいろ話した。

朝起きたら、ものすごくテンションが低くくてびっくりした。
なにをやっても、なんかしずんだ感じから出れなくて、
どうしたものかと思いつつバイトに行ったら、
すっきりした。
風邪ぽかったのかも。

今、タイ料理やさんで働くのがおもしろい。
uさん(店長の女の人)と働くのがおもしろい。
話しをするのもおもしろい。

仕事に対しても、人に対しても、真剣で、
そこから学ぶことがめいいっぱいある。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-19 01:41

ううじんさんのライブ。

11月9日、日曜日にううじんさんのライブがあります。

場所は、鳥取の川端通りにある、
「noppo」というcafe&bar
です。

夜の20時〜です。

去年の冬にううじんさんのうたを聴いて、
ううじんさんのうたが好きになって、
今年の春に初めてライブで、同じ空間の中でうた聴いて、
すごく、
すごく気持ちがいいなあとおもいました。

あったかいような、やさしい気持ちになりました。

そのとき、鳥取の風景や、夜の感じが気持ちの中に
浮かんできて、
いつか鳥取で、ライブをやってもらえたらなあって
思った。

夜になると、鳥取の街は静かになって、路地裏とか真っ暗になるけど、
その中に光るお店のあかりや、
人の気配や、
小さい頃から見てきた街の景色が
私は好きで、
すごく気持ちにくっついていて、
そこで感じる気持ちと、
ライブでううじんさんのうたを聴いたときに感じた気持ちが
じぶんのなかのどこかで重なって、
ううじんさんのライブを鳥取で開けたらなあと思った。

ううじんさんのうたの向こう側にはひとがいて、
それはうたのことばの中の人だったり、
ううじんさんが唄っているのを聴いている人の気配だったり、
そういう人の温度が体に伝わってくるようなライブでした。

今回、「トットリノススメ」という、
11月に鳥取で開かれる
イベントで、
ううじんさんにライブをやっていただけることになりました。

チケットは予約制で、
3000円です。


ぜひぜひ、いらして下さい。

noppo:0857-22-8211

お店でCD聴けます。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-17 03:31

つき

月曜日は、タイ料理屋さんが休みだから、
日曜にだしたゴミ箱をしまいによる。

そのとき、お店の裏から月が見えた。

まん丸くて、きれいな月だった。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-14 16:53

最近。

最近、自分の手を見るのが好き。

洗濯や、(タイ料理屋さんは手洗いの洗濯をして帰る。)食器洗ったり、
料理作ったり、ドリンク作ったり、
この手でいろんなことをやっている。

自分の手じゃないみたいに、第3者的に眺めている。

あかぎれみたいなのができて、
ひびみたいなのもできて、
全然きれいな手じゃないけど、
もうひとりの自分みたいで、
かっこいいなあと思った。
早く私も、この手みたいにかっこよく生きたいって思った。
よくわからんが。


今日は、カナさんの銀座でのイベントのケータリン2日目だった。
私は、日替わりでドリンクを作っている。
丸さんはパンで、よしみちゃんはスコーンとビスコッティーで、あやのちゃんはプリン。

毎日おもしろい。

西荻から銀座まで遠い。
電車のなかで、ぼーっとしたり、眠ったりしている。
本当にぼーっと出来るから、いい。

秋で、空がきれい。
昨日の夜は、寒くて星がくっきり見えた。

秋の晴れた朝は、空気が本当に新しくめくれてるみたいで、
気持ちいい。

今、いろんなことがおもしろいって思うのは真剣にやってるからで、
真剣にやってると、
いろんなことがおもしろいって思える。

そこには自分がいて、
自分がしっかりそこにいるってことが、
すごく大事なんだあって思った。


そこっていうのは、自分が生きてる場所。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2008-10-13 04:02