星カタツムリ日記

<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雨のよる。

いしいしんじさんのぶらんこ乗りをふと
読み始めたら、
朝になっていたー。

雨の音がいっしょになって聞こえていた。

ところどころきんちょうして、かたまっていた。
空気を吸ったみたい、このものがたりの中の。

小さかった頃にみていた、ひかりや匂いや、くうきや
めちゃくちゃ思い出して、わたしはそことつながっていたいんだなあと思った。

ふだん光が届かない暗くてふかいところ。

このつぎにどうなるかって、
初めてよんだわけではないのに、
わからなくて、
ほんとにこの本前にも読んだっけって思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-29 05:31

代々木公園のライブ、ワークショップ、ケータリング


f0146828_1585275.jpg
f0146828_1591082.jpg
f0146828_1595619.jpg
f0146828_20135.jpg
f0146828_202837.jpg
f0146828_204031.jpg
f0146828_212100.jpg
f0146828_211348.jpg
f0146828_212522.jpg
f0146828_213715.jpg



今日は、いちにちじゅう寝ていました。

途中起きて、代官山に展示をみに行った。

電車のなかでもうとうと寝ていた。

ようやく目が覚めて来たけど、
またこれから寝よう。

展示を見終わってビルからでたら、空がうっすら桃色できれいだった。




f0146828_2133520.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-26 02:14

跳ねた!

5月なのに、夏みたいな日がつづく、今宵、

カルマで、大分からいらした兄妹ユニット baobabさんのライブがありました。

風、朝からつよし。

5時になるにつれてそわそわ。

そわそわしていると、丸さんが、銀ダコのたこ焼きを買ってきて、まあたこ焼きでも食べて
と言った
そのとき

いらっしゃいました。


今夜のライブは、最高でした。

前半の曲で、体がゆれて、
見ているのはカルマでうたうbaobabのふたりなのに、
ちがうけしきが見えたみたいだった。

ひろいどこか。


お客さん同士も近くて、なぜか初めて会ったどうしなのに、
だれがだれかわかるような感じだった。


5月の中野の夜に、baobabのうたを音楽を、
カルマのあそこの小さな場所でみんなで聞けて、
縁あって、なぜかここに集まったみんなーが
最高だなあと思った。


あさっても、代々木公園で、baobabさん、小池アミイゴさんの
ワークショップ、ライブがあります。


今日、のがしたかた、来られなかったかた、ぜひぜひー!
ぜひぜひー!

今日の、ライブのカルマの電気のいろが、まだ今は体のなかに
残っているけど、寝たら、それがかわってしまうようでさみしい。

そのぐらいあったかいような気持ちがする、いいライブでした。




f0146828_321660.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-23 02:24

なつび。

お風呂からあがって、夜のかぜが
すごくすごく気持ちいい。

体が疲れて、くたっとしている。

ので、余計に風が気持ちいい。

あさっての、ケイタリングの買い出しに新宿寄った。

ペーターズに、峰岸塾の展示の絵の搬入に行って、その帰りに
ハチ公バスで、千駄木まで行って、そこから総武線で新宿行った。

ひらおさんと。

富沢商店に行くのに、
いつもまず小田急に行ってしまって、店がみつけられずあせる。
富沢商店は京王デパート。

間違えんように。

夏みたいに日射しがきらきらとして、
暑かった。

ひらおさんと、京王のデパ地下で肉まんを買って、
すいてる総武線で、2人で食べた。

中野に着くまでに食べきれるかで、ひらおさんとあせっていた。
しょうろんぽうにしなくてよかった。

電車に夏の日射し。

そのあとカルマ行って、
あやのちゃんといろいろしゃべり、
3時ぐらいのカルマは、
なんかのんびりしていて
気持ちいい。

そのあと働いた。

おとついのきっちんクラブは、
たたききゅうり香菜、ミント、大葉和え(またもや)
ニラ玉、黒酢あんかけ
冷やしトマト、みょうがぞえ。
じゃこ、みょうが、大葉、梅肉しょうゆのせ冷や奴。
水餃子、皮から。

みんなで食べるとおいしい!

おとついはあやのちゃんの誕生日で、波田野さんたちも来て、
さかいさんも来て、わいわい楽しかった。
れいこちゃんの実家のケチャップの話しで盛り上がった。聞くだけでおいしそうー!

帰りに、みんなでジェットに行った。

お決まりコースのよう。

コトヤさんと、santanaさんにも来て欲しいー!
で、盛り上がった。


昨日は、ほとんど寝付けなかった。

明日、カルマ夜からで、昼間自由だあー!って思ったら、
興奮して寝付かなかった。



高知にまた行きたい。


リンクしている、日々日記はお母さんの日記なのだけど、
ときどきすごいおもしろい。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-22 02:59

かえりみち。

バイトからの帰り道。
夜の空が見えて、
ここは宇宙につながっていて、
ここに私が生まれていることはすごいことなんだなあと思った。
こころは、うようよしていて、みずみたいに、やわらかく
どこにでも行けるような、
よるのそらはどこまで広い。

こころはどこまでも広くて、
本当は、
かなしいも
たのしいも、
やさしいも
いろいろふくんでいて、
ゆるやかで、
ふにゃっとやわらかい。


ひとのかなしいも
たのしいも
やさしいも
感じれて、
でも、ひとのはちょっとちがって、
そういうのもかんじれるくらいびんかんで、
やわらかい。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-21 01:13

日曜。

よしもとばななさんの日記のQ&A
を読んでいて、最近考えていたことのこたえのようで
はっした。

ー私は理不尽なことやわけのわからないことに出会ったとき(人生だから、もちろんそれは違う形で、全員に、あります)、
きっと大きな意味があるんだろうけれど、わからなくていい、
ありんこみたいにひたすら生きていくしかないのだ、と必死で思うようにしています。
答えは、自分が知る必要はきっとないのだ、というふうに。
しかし、きっと意味は存在しているんだし、理由もあるんだ、と。
わかるかどうかよりも、弱い自分なりに、その姿勢を保つことを考えます。
(よしもとばなな-2009.05.15)

なにか、じぶんにおこったとき、その起こったことのおっきい意味のようなものを
私はすごく考えてしまっていたけど、
べつに考えて、考えて、意味をみつけようとしなくてもいい!
って思った。

どんどん、どんどん押し流されるように出来事は過ぎていって、
そのなかで、じぶんがなにを感じて、なにを見て、どう次ぎに行こうとするかなのか
なと思った。

昨日(金曜)の夜は、アミイゴさんに声をかけてもらって
eliさんのライブにいった。
popoyansさんもうたっていたし、ううじんさんにも会えたし、
すごくいい夜だった。

私は、音楽に対してすごく遠いところにいて、
音楽がなかったとしても、すごく無意識に音楽がないことに気付かずに
死んでしまえるような気がする。

でも、昨日、eliさんの音楽や、popoyansのうたを聴いて、
おおきい海原の私ひとりぶんの島で、ヘッドホンをつけて
音楽を聴いている風景がうかんだ。
音楽は必要なんだ。
わくわくしたり、こころのなかにある空気の線みたいなのが変わる。
もっと音楽を聴こうって思った。


あやのちやんと、スタバで、来週の日曜のケイタリングの話しをして、
こちらです!
大戸屋で、うどんととろろおくら納豆とごはんを食べて帰った。
関西風のうどんが食べたくて、はなまるうどんに行ったけど、閉まっていて、
大戸屋さんに行った。

毎日の大きさに、木曜日気付いて、
私は、毎日なんか感じたことや、見たものをノートに書こうと決めて、
それは地図みたいなものだと思った。

まいにちが重なって、私はどこに行くのだろうと
思った。

毎日が、毎日。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-18 03:13

目。

実は、実は、2週間まえ、ちょうど高知に旅立つっていう直前に、
目をなにかにさされて、ものすごく腫れていた。

左目全体の神経がいたくて、かお半分も、頭半分も痛くて、
高知行きのバスに乗る2時間まえに病院に行って、診てもらって薬をもらって行った。

朝、高知の街について、少し肌さむい朝の高知をぶらぶらしながら、
これはきっと、じぶんをなんか責めたからだと思って(高知行ってもいいんだろうかとか、
きっといいことないとかいろいろ気持ちのなかで)、
神様、私はもうじぶんをせめません!
健康ってほんと大事!
私は私のままでいいんだよーって本気で思った。

木がすごく大きくて、高知に着いたら、
まず行く神社があって、
行くとなんとなく落ち着いて、
気持ちが高知の街になじんで、
のんびりしている神社で、
そこでも目が早くよくなりますようにって
お祈りした。
その神社のなかに熱切り神社っていうのがあって、
そこでも、まぶたの熱が早く冷めますようにって
お祈りした。

で、その目がようやく、ようやくよくなってきた。
まだ、かさぶたはあるけど、触っても痛くなくなってきた。

よかったー。

今日は、そんな日記。




f0146828_1563735.jpg

f0146828_1571470.jpg



写真は、おとついのきっちんクラブ。
おとついのメニューは、
ゴーヤの梅肉しょうゆナンプラー和え。
たたききゅうり、ミント香草かぼす和え。
もやしちぢみ、自家製マヨネーズ、コチュジャンだれ。
タイ風汁なしラーメン。

とにかく、夏やさいが食べたくて、
夏やさいしっかり食べた。

でも今日は、強風で寒かった。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-15 01:37

好きなひとについて。

最近、好きな人についてよく考える。

好きなひとというのは、じぶんのことが好きで、あんまり人のことに興味がない人。

興味がないというと冷たいかんじだけど、
そうじゃなくて、なんというか、
じぶんのことは、じぶんの腹のなかにあって、
他の人は、そのひとのことが腹のなかにあって、
そのなかには時間とか経験とか、生まれてからのいろんな、めいいっぱいの
ことがつまっていて、
その経験やエネルギーを燃やしまくって(まくらなくてもいいけど)、なんか探して、
なんか見つけて、
生きているような気がしていて、
ひとのそれはひとのそれ、
じぶんのそれはじぶんのそれっていうのが
はっきりしているようなひと(ひとのは燃やせないから。ひとのを燃やそうとしたら、じぶんのが燃えなくなって、へんなけむりがでてくるから)。

無意識。

そのひとが思ったことがオリジナルでへんで、おもしろい。
それも無意識。

じぶんに対する集中力がすごい。

そのひとは、じぶんの感じたことをやっているだけなんだけど、それが
なんか、勇気みたいになって、
わくわくする感じになる。

なんでそう思ったかっていうと、
好きなひとたちのことを考えていて、なんでそのひとたちのこと
好きなんだろうって、思って、そう感じた。


ごーいんぐまいうえい。



で、自然発生的な愛がある。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-10 22:02

どこか。

じたばた、じたばた。

ここから、どこにどういうふうに行けるか迷っているような。

ワルンでやったことが、いまは一番おもしろくて、くりかえしくりかえし
やっていきたいことな気がする。

しぜんっていうか、木や山があるところに行きたい。

風が、木や山を通ってすぐ近くに感じれる場所。
休みの日には、車でひょいっとすぐ海に行ける場所。

東京ももちろんしぜんはあるけど、
もうちょっとひろい場所に行きたい気がする。

夕方がきれいです。
ゆうがたはどこもきれいだなあ。
ゆうがたの色。きいろ。ひかりのいろ。

私にとって、家族ってすごくだいじなものなんだなあって思った。


昨日、草なぎ剛くんがでている、山のあなたを見て、すごいおもしろかったー。
風景とか、風情とか、呼吸とか、
よくわからないけど、あの温泉場に流れている空気とか。
原作の映画が観たいと思った。
じかんがじっくりな流れているような。
生まれたときは、あの空気がまだある気がして、
でもいまはすごくすごくうすれてしまったような、もうなくなってしまった
ような気がした。

超はやいじかんのなかで生きているのだろうか、と思った。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-09 17:32

5/22カルマらいぶ!

5月22日(金)夜。

まずはこちらをー!

中野のカルマでライブ!

baobab

ありますー。

大分の、田んぼの中にぽかんと見える森の一軒家。

そこに住んでらっしゃる、ギターを弾くミライくんと
フィルドを操り唄をうたうマイカさんのお2人。

ご縁をつくってくださったアミイゴさんからの情報です。

そのお2人が、22、23、24日東京にいらっしゃいます。
その中のいちにち、カルマでライブしていただけることになりました。

まだお2人にはお会いしたことないですが、
毎日カルマで流して、聞いている。

ふわってこころにうかんでくるひかりみたいな
わくわくした気持ちが
聞いていると
生まれてきます。

行ったことも、見たこともない大分の山の中のなにか
小さい粒子みたいなつぶつぶがそこに流れているみたいに感じる。

詳細は
5/22(金)夜
7:00オープン。
8:00スタート。
2500円(軽食付き)

予約はカルマまで!
03−3387−0602
です。

ぜひ!

さらなるbaobabじょうほうー。

アミイゴさんより
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-05-07 22:41