星カタツムリ日記

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チャレンジショップ。

昨日は、チョコレートケーキの試作を焼いて、上田ビルのみなさんに持って行って、
珈琲いれて、ベランダで夕暮れ珈琲を、コトヤさんとsantanaさんと飲んだ。

ボルゾイさんは、接客中で、珈琲とケーキを渡して立ち去った。

じぶんのぶんは珈琲をたててる最中に飲みきった。

いろいろ相談しながら、話しして、コトヤさんはトイレに行って、いつのまにか
日が暮れていた。

昨日は少しだけあったかくて、夕方もそんなに寒くはなかった。

お店やりたいなあ。

今はなんか、説明書をよまずにプラモデルを作りだしたら、なんかごっちゃになってどことどこを
くっつけたらいいかもうわからん!ってかんじになってきた。

チャレンジショップの話しがあって、
きっと赤字、お客さんも全然来ないかもしれないけど、
もし来たい人がひとりでもいたとしたら、それはほんとにすごいと思う。
そこを目指してやってみたいなあと思った。

これから冬にむかうし、とっとりは雪に覆われるし、
このタイミングでやるのは無理あるかなあ。

まいにち、ほんとは不安。
まいにち料理作って、これからじぶんが向かいたい方向見つけんと
いけん気がする。

こわーい。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-10-30 00:30

しょーえいいちば。

しょーえいいちばにでました。

ありがとうございました。

水餃子をたくさんつくりました。

だんだんだんだん夜が寒くなってきた。

寒くなると、あったかい空気がほんとに気持ちよくなってくる。

車の暖房や、こたつや、石油ストーブや、コーヒーや、
家の中や。

きょう、くるまで走っていて、鳥取の冬をちょっとだけ思い出した。

商栄市庭にだすぎょうざをリョウコちゃんと夜通し作った。

きょう車のなかで思ったこと。

料理をするときは、カルマの空気がいつもいつもからだの、こころの、
胸のなかにあると思った。

カルマでまるさんが料理していたときのこと。

ずーっとずっとーどこで料理するときも、中野のカルマのことが
こころの土の中のところにある気がした。

それはHappyな空気だ。

川端ののっぽにケーキをおろさせてもらえるようになりました。

ケーキを作っていけることがめちゃくちゃありがたい。

今はチーズケーキを作っています。

高知から珈琲豆が届いた。

コーヒーミルを買いました。

珈琲豆を、ミルにいれて、じゃーって機械で細かくして、
珈琲をいれます。

しょーえいいちばの帰りに、リョウコちゃんと元湯温泉に行きました。

すごくあったまりました。

冬に備えてのふゆそな券があった。

いっつもは350円だけど、ふゆそな券があると300円で入れるって。

すごい。

11月15日は珈琲風呂ですって、書いてあった。

しょーえいいちばは、park
っていう鳥取のカフェの人が、道盛商店っていう、倉庫を解放した、
いろーんな人が集まって、作る市場でした。

楽しかった。

いろんな光りの下に、色んな人がいた。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-10-25 23:09

10月22日。

今日、図書館に行った。

図書館には静けさがあって、それが大好きで、図書館が好きなんだって今日気付いた。

そのあと、商工会議所にお店を開くのの相談に行った。

そこで、じぶんの生命にかかわるすごくだいじことを知った。

私は、ぱっと脳に浮かんだことを実行するのはすきだけど、
それを人に説明するのがすごくすごく苦手で、それは、なんか、
じぶんの体のなかの深い部分と関係している気がした。

だから、人に相談するまえにつっぱしってしまうし、
なるべくひとりでできることをじぶんのちからだけでなんとかしてやりたいんだと
思った。

でも、なんか今はお金を借りたり、そういうのでどうしても
今の考えていることを説明して、なんとかせねばならんようで
そうかと思った。

考えていることがぱっとテレパシーみたいにつたわればいいのに
思うけど、
そうもいかんようで、
とにかくことばで伝えるってことが
致命的に苦手なんだなあと思った。

で、そのあと、きょうはお母さんの誕生日ではせ川にごはんを食べに行った。

朝、テレビの部屋で寝ていたら、お父さんにきょうの夜は
お母さんの誕生日するけえと言われた。

ほんとは明日だけど、父はなんかあっておらんから、今日した。

でも、結婚記念日でもあるからいい。

お昼にお母さんと、岩井窯に行った。

銀の、風が通ったらリンーって音がするのが、
軒先ですごくきれいなおとで揺れていた。

秋の光がきれいだった。

ずーっとそこでぼーっとできそうな場所だった。


ことばがなくても伝わることってどのくらいあるんだろう。

きょうは、流星群が見えるらしい。

もし、いくつも流れる星がみえたら、それは夢のようだ。

じぶんができんことがみえると、頭がぱかってわれて、
細胞がいれかわるので、それはすばらしことだと思う。

ありがとうー。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-10-23 00:18

10月5日。

まいにちいろいろ考えるけど、まいにちの入れ替わりが早いなあと思います。

昨日考えていたことが、もうきょうになって、きょうまたべつのこと考えていて、
毎日なにを考えて過ごしているんだろうと思います。

昨日、noppoに行きました。

リョウコちゃんと行って、いろいろ話したり、私は毎日ぜんぜん忙しくなくて、
することがなくてたいぎいという相談をしました。

で、話していたらいろいろやりたいこととか、砂丘に行って一緒に砂像をつくるとか、
それはやらんけど、リョウコちゃんがもっと遊んでくれる
こととか、がわかり安心しました。

ほんとうはお店のこといろいろやらねばならんのだろうけど、
こわいのかなんなのかめっちゃちょっとずつしか進みません。

でも、メニューを考えたり、キッチンのシンクや、台を見にいったり探したり、
いろいろ提出する書類を書いてそろえたり、
ちゃんとやらなければいけないことはしっかり目の前にありました。

ちゃんとやろう。

なにかを考えたり、ぼーとしたり、見たり感じたりするのは好きだけど、
なにかをじぶんで決めて形にしていくっていうのがすごい嫌いなんだと思いました。
でも、だからやるんだと思います。

noppoは気持ちがいいなあと思いました。

接客とか、お客さんがいて、お店の人がいて、料理やお酒があって、
それのほんとうに気持ちがいい空間ってなんだろうって無意識に思います。

決められた時間内にできるだけたくさんのお客さんをまわして、
いろんなやらなければいけないことがあって、お客さんのことはちゃんと見きれなくて、
でも、商売だから、たくさんのお客さんに入ってもらわないと経営できないし、
でもほんとうにお客さんのことを感じれる接客をしないと、じぶんがだめになる
と、きょうお昼働いていて思いました。

なんか、機械みたいで、なんでこの仕事をしてるのかわからなくなると思った。

お店ってほんとうにおもしろいと思う。

そこに行って、いろいろ変わる。

気持ちや、気分や。

行きたいと思うお店が、生きて暮らしている場所にあるって
すごいことだなあって、ほんとうによく思うようになった。

まだまだばかな30だと思う。すごくないように生きつづけたい。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-10-05 19:22

10月2日。

昨日は、夜くるまで走っていたら、そらがすごくきれいだった。

そらのいろも、月も、ほしも、つきのあかりがあたった雲も、
すごくきれいだった。

ラピュタにでてきそうな、すんだ空だった。

風も気持ちよかった。

夜、ケーキを焼いたら、気持ちがあがって、結局4時くらいまで寝れず、
4時に起きてケーキの味見をしたら、落ち着いて寝れた。

お腹が空いていたのか。

よくわからない。

きょうも、頭がさえている。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2009-10-02 09:35