星カタツムリ日記

<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ネパール日記⑨カトマンズ1日目そろそろ夕暮れ

9月13日(火)

パタンに再びタクシーで戻る。

パタンゲートの近くの肉屋さんで、今日のカレー用のチキンを買って帰る。
トリ肉の専門店なのかな。
小さい間口(入口)、冷蔵庫とかなくて、
肉が台の上にどんっと置いてあった。

頼んだらおっきい包丁で、ばんばんと肉をぶつ切りにして、おもりで重さをはかる。

小学校のときに理科でやった寸胴のおもりみたいなので、天秤を使ってはかる。
すごいと思った。
バーナーで肉をあぶって黒いナイロン袋にくるんで渡す。
あぶるのは毛とかを焼くためだそう。
おもしろかった。
前は奥さんが買いに来てたけど、奥さんだとあんまりいいところを入れてくれないから、最近はプロカシュさんが肉を買う担当だそう。

今日はお祭りでプロカシュさんちもごちそう。

キッチンでチキンカレーの作り方見せてもらう。
プロカシュさんが、日本語で解説しながら、奥さんがつくり方を教えてくださった。
日本の煮込むカレーではなくて、香辛料で短時間で作るカレー。
あっという間にできた。
おもしろい。
水やガスや電気は大事だから、無駄なく
さっと作っとんさった。

涼子ちゃんが言っていた(涼子ちゃんはネパールに3ヶ月ぐらい暮らしてた)、ダルバートを食べる。
プロカシュさんがきょうは晩ご飯一緒に食べましょうと言ってくださった(けっきょく毎晩ごちそうになった)。

ダルバートは、ワンプレートに色んなおかずがのっていて、それをまぜて食べる。

すごくおいしかった。

豆のスープが感動的においしかった。
すごくやわらかい味だった。
豆のスープは、豆を圧力鍋でにて、香辛料が入ったスープ。 黄色かった。
豆のスープは、ダルバートにはだいたいついてきて、
日本のおみそ汁みたいなものって地球の歩きかたに書いてあった。最初はよくわからなかったけど、どこに行ってもでてくるから、あっおみそ汁みたいだなあと自然に思ったときがあった。

プロカシュさんちのきょうの晩ご飯
○タイ米みたいなお米
○チキンカレー
○水牛の肉の煮たの
○ほうれん草みたいな野菜のナムル
○豆の焼いたの
○大根とジャガイモのスパイス和え(アツアール?)
○かぼちゃのカレー(別皿)
○ダル(豆のスープ。甘くておいしい!別皿)
○ネパールのウイスキー



f0146828_22224341.jpg



f0146828_22224920.jpg



f0146828_22225646.jpg



f0146828_22233100.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-27 00:07 |

10月25日

きょうカルンやっています。

きょうは少し寒いです。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-25 11:17

ネパール日記⑧カトマンズ1日目

9月13日(火)

パタンからタクシーに乗って街まで行く。
200ルピーだったかなあ。(1ルピーは1円ぐらい)

宮殿だった所を見てまわる。

途中、とても簡単な作りのシンプルなハンバーガー屋さんがあって気になる。
土壁で、木の椅子が数脚。
お兄さんひとり。
とても小さい。余分なものが何もないお店。おいしそう。

宮殿がある広場をプロカシュさんにガイド(いろいろ教えてもらいながら)してもらい見ていたら、雷がなって、そのうち雨が降ってきた。
かみなりはめずらしいそう。

すぐ側の、とても古い宮殿みたいなところの軒先で雨やどり。
階段を登って、少し高くなっているところなので、
人や街のようすがゆっくり見える。

雨やどりは街の色んな人がしてて、隣には
色とりどりのお菓子をカゴに売っているおばさんたちがいる。
カゴに傘をかぶせて、
おばさんたちも座ってまるまって、すっぽり傘に隠れて、雨をしのいどんさった。


少ししてなかなかやまないので、近くのプロカシュさんの知り合いの仏像やさんまで
走った。
そこの軒先で再び雨やどり。

雨のしずくが軒先を流れていく。
傘をさして通りすぎて行く人もいるけど、
みんな結構雨やどりをしている。

考えてみると、雨やどりって日本ではあまりしないなあと思う。
雨期で雨が降るってわかっていそうなのに、傘をみんなあまり持ち歩いてはなくて、雨が降ったら雨やどりしてる。
雨が止むのを待ちながら、プロカシュさんは仏像やさんとのんびり話しをしている。

外をみてると、チャイや紅茶を小さい耐熱のグラスにいれて、配達している人を見かける。
配達してもらって、自分ちの軒先で飲んでるのかなあ。配達おもしろいなあ。
うちにもきた。
仏像屋さんが頼んでくれた。

それはとってもおいしいチャイだった。
チャイというよりミルクテイー。
そんなにスパイスは効いてないけど、甘くてやさしいような、ふんわりした味。

意外だった。もっと濃いと思っていた。
少しもの足りないくらいさっぱり。
でもすごくおいしかった。




f0146828_373578.jpg




f0146828_374042.jpg





少し雨も止み、すぐ近くのモモ屋さんに連れてってもらう。路地裏のすごく小さいモモ屋さん。
モモはネパールの蒸し餃子です。
お店の中は、男の人ばっかり。
カレーみたいなの食べてた。

そのすぐ脇で、モモを大っきい鍋で蒸していた。
ひとくちぐらいの小さいモモ。

一皿12個ぐらい入っているけど、ちょっと食べてみんさいとハーフのハーフで3個入りを頼んで下さった。

トマトとマサラのスープみたいなのをかけて食べる。モモはほんのりスパイスが効いていて、肉汁みたいなのがでてきて、小龍包みたいって一瞬思った。
中の肉は水牛の肉。
とても食べやすくておいしかった。

水牛のひき肉にたまごをのっけて、蒸して食べるのも食べた。それも同じソースをかける。すごくおいしかった。
初めて食べる食べもの。

そのモモ屋さんは本当に小さくて、
観光地区だけど、目立たない場所にあって、でもすごくおいしかった。プロカシュさんが雨やどり中にこの辺にすごくおいしいモモ屋さんがあるって言って連れて行ってくれた。

グルっと街を歩いて、またタクシーで帰る。
今の時期はお祭りで、ふだん見えない像がお披露目されていた。
お祭りの行列も歩いていた。

帰りもすごい渋滞。




f0146828_374923.jpg




f0146828_375493.jpg




f0146828_375925.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-24 02:02 |

ネパール日記⑦9月13日(火)カトマンズ

カトマンズ1日目
(まえの日記、出国と入国を間違えていました)


プロカシュさんは日本語がとっても上手。

会社のワゴン車で迎えに来て下さり、家へ向かう。

迎えに来てもらってよかった。
車とバイクとクラクションの数がすごい。
全然ちがう国。

本当にすごくてこれが見てみたかったんだと感動する。

でも、がらが悪すぎてビビる。
がらが悪いというかこわい。
でもすごい。おもしろい。
茶色い牛が、車だらけの排気ガスだらけの渋滞の道にいて驚いた。

いい車は少ない。タクシーは、スズキの、昔の日本の型の車。
でもすごくかっこいい。
どの車も古くてぼろぼろで、デザインも昔ので、かっこよすぎてすごい国と思う。

でも一人だったらこわくて、街にもでれてないと思う。

途中、前がペシャンコの車があって、人が集まっていて、ぶつかったらしい電柱がすぐ側にあって、みんながはしごを持ってきて、電柱に登ろうとしていた。
警察とかは全然来る気配はなく、車の中にいる少年のような男の子2~3人は、
ワアーワアー叫ぶみたいに、
車に乗ったまま、通りすぎる人に説明みたいなのしていた。

とにかく前はペシャンコ、後ろに人は乗ったまま、人が集まって電柱に登ろうとしている不思議な光景だった。

とにかくおもしろい街だなあと思う。
渋滞だらけ。
信号は全然なくて、クラクション鳴らしまくって、とにかく進む。
反対側に渡りたい人(歩行者)は、その隙間をぬって渡る。
無秩序。

パタンのプロカシュさんちに着く。

途中せまい道で、車とすれちがう時もやっとだった。

プロカシュさんちはとてもきれいで、2階で奥さんがむかえてくれた。

コーラだしてもらう。
娘さんは学校。

少しだんらんして、部屋みせてもらう。

寝かせてもらう部屋は、3階のとてもひろい部屋。キッチンも付いている。
窓から光と風が入る。

屋上(6F)に案内してもらう。
洗濯はここでして干せばいい。

とても景色がいい屋上。

こんなすばらしい所にお世話になってありがたいと思う。

家の前には池があって、横には仏教のお参りにくる所がある。

1日目だからまだこわい。

街並みはモロッコにとても似ている。
レンガ造りの砂ぼこりの街並み。

それぞれの家の屋上には洗濯ものが干してある。
おもしろい街並み。

犬がたくさんいる。

少し休んで、プロカシュさんと街にでてみる。

パタンゲートまで歩く。

まだ人もこわい。

きょうはお祭りらしい。

(パタンはカトマンズの南側にある寺院や古い街並みが残る場所。カトマンズの中心のタメルとかまではタクシーで20分ぐらい。渋滞してるから。してなっかたらもっと早いと思います)


f0146828_4161579.jpg



f0146828_4161721.jpg



f0146828_4161879.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-18 03:35 |

ネパール日記⑥カトマンズ着いた

だんだん街に近づいてきて、飛行機着陸。

街がすごく近くて、こんな所に降りるのかと思った。

ラオスの雰囲気にとても似ていた。

着陸した時、前の方の席の人が拍手した。
あとは誰もしなかったけど、私もとっても感動して、心の中で拍手して、実際拍手したかった。
やっと着いたって気持ちと、街が本当におもしろそうだった。

空港だけど、空港じゃないみたいだった。
滑走路のすぐ脇で、誰かがパラソル広げて、何か休むかなにかしていた。

着陸したらバスに乗って、空港内に入る。

おじさんとおばさんが気になる。
おばさんは降りる時、らんみたいな、
むらさきの花を髪につけとんさった。
素敵だった。

あえてバスは離れて乗ってみたけど、空港に着いて、出国の場所に行くまでも、おじさんとおばさんは気にしてくれて、着いたら誰かいるの?とか、どこに泊まるのか?
とか聞いてくれた。

笑ったりあまりしなくて、真顔で聞いてくれる。
でもなんかやさしげな感じ。
おばさんは肉付きもよくて、ネパールの民俗衣装のサリーの隙間から見えるお腹の脇の所がセクシーだった。

本当に宿の世話までしてくれそうな
いきおいだったので、大丈夫、着いたら友達が来てくれているからと伝える。

出国手続き。

私はビザを取得するほう(without visa)に並んで、おじさんたちwith visaの方に並んでいて、ちらっと見たら、後ろの女の子に
「ビザ持っているか?持ってないならあっちに並ぶんだ」と気にかけて教えてあげていた。

その雰囲気がおもしろくて、やっぱり世話ずきのおもしろいおじさんだったんだなあと思う。

ドキドキしながら並ぶ。

ビザちゃんと取れるか、無事出国できるか、荷物はちゃんと受け取れるか(どっかいってないかとか)、プロカシュさん(お世話になるガイドさん)はいるのか、わかるかなあとか。
不安。
でもなんとかなるかあという気持ち。

ビザはすぐとれて、すんなり出国できた。
荷物もすぐにはこなかったけど、ちゃんとまわってきた。

でてすぐ、すごい人。
わけがわからないぐらい。色んな人がわんさかいて戸惑う。
その中にSASAKI様(佐々木様)って書いたのを持った男の子人を発見して、行く。
プロカシュさん。
すぐ出会えた。



f0146828_2353081.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-15 13:12 |

ネパール日記 9月13日(火)⑤ タイ出発

タイの空港内に着いて1番に思ったのは、匂いで、色んなきついせっけんの匂いがした。
それが落ち着いた。

まえに、初めてモロッコに行ったときも、乗り換えのドーハかどこかの空港で、色んな国の人のせっけんの匂いがした。
その匂いが好きだった。

カトマンズ行きもタイ航空。

むらさき。

隣の人はネパールのおじさんとおばさんっぽい。

スチュワーデスさんきれい。

行きの飛行機のスチュワーデスさんににほんごしゃべれる、たぶん日本人みたいな人がいて、その人がきつい感じだったけど、
頼りにできるのはその人ってかんじで、
後半その人が来たら、何だか安心した。

タイに行くときよりも、田舎っていうか、落ち着いたかんじの機内。

東京から鳥取に行く便のかんじに似ている。

地元に戻る人もいるからかなあ。

機内食。
チキンカレー
タイ米みたいなの(おいしかった!)
干し大根と卵の漬物みたいなの
(味は少し甘くて干し大根の甘煮にも似ている感じ。味は好きだけど、温かいので
少し苦手な気になった。)
マカロニとハムのサラダ
少し温かいパン、バター
ムースみたいなゼリーをくずしたのみたいな甘い(甘過ぎない)のに、ピスタチオを潰したのがかけてあるデザート

隣のおじさんとおばさんが、早く配られた斜め前の外人の人たちが食べている機内食を見てて、わたしも気になって見てて、
3人で見てるみたいだった。

おじさんたちも食べている。

白ワイン少し頼んだ。

食後のコーヒーは昨日のほうが断然おいしかった。

出国,入国カードが配られて、おじさんたちにペンをかしてというジェスチャーをされる。
その辺から仲良くなった。
ビザの申請の用紙をトイレにたったついでにもらいに行って、戻って書こうとしたら、おじさんとおばさんが覗いてきて、入国カードの方を手にとって、ここにはこう書くとかって教えてくれる。
おじさんはにこりとも笑わず真顔。
真剣な顔で1つ1つチェックしてくれる。
おじさんは、おばさんのぶんも書いてた。
面白いお2人。

英語で、カトマンズに行くの?とか、はっきりは分からないけど、それっぽいこと聞いてくれる。

なんかいやな感じじゃなく、20〜30年前の鳥取にもおんさったような、地元のおじさんおばさんって感じ。




f0146828_135664.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-12 11:45 |

10月11日

きょうカルンお休みです。

すいません!
[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-11 11:13

お知らせ

今日は祝日ですが、
月曜 定休日でカルンお休みです!

すいません!!
[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-10 10:46

ネパール日記④9月12日タイへ

タイ行きの飛行機の中

タイ(乗り継ぎ)に到着する30〜40分前、最後にアイスクリームが配られた。

隣のおじさん抹茶。
私バニラ。

日本のアイスクリーム。
おいしかった。
あやのちゃんを思い出す(あやのちゃんはアイス好き)。

バンコクの空港に夜9時半ぐらいに到着。ここに明日の朝までいる。

よくわからん。

3年ぐらいまでにいっかい来たことがあったけど、そのときは1人じゃなかったし、これからどうしたらいいかいなあと思って、
とりあえずごはんが食べられる場所を聞く。(タイの空港は大きい)

上のフロアーですよっと言われてエスカレータで上へ。

手荷物検査があって、(靴も抜いで、厳しめの手荷物検査)
ゲートを通過して、
フードコートやお土産ものがたくさん売ってある所に行く。

色んな人がいておもしろい。

色々見ながら、とりあえず疲れたから足が伸ばせるソファーに横になる。

目覚ましかけて眠ることにする。

隣に外国人の家族が寝てる。

タイはハブ空港みたいなかんじで、色んな人が次の便を寝たり横になって待っている。

なのでソファーがたくさん置いてある。

その家族は男の子が中学生ぐらいで、
お父さんとお母さんはけっこう年配っぽく厳しそう。
遅くに生まれた子なのかなあとか、どこの国なのかなあとか(ドイツっぽいって思った)、
暮らしとる家のかんじとか、その家族のことをなんとなく想像してみる。

男の子がお母さんになんか言って、どっか行って帰ってきた。
ミスタードーナツ買ってきた。

お母さんと向き合って食べながら話してる。
思春期っぽいのに仲よさそうだなあと思いつつ、眠る。

起きたら、その家族はいなかった。

23時半ぐらい。
私が乗る便は明日の朝。
まだまだ。

ちょっと移動してみる。

足を伸ばして眠れる、2人がけ用のソファーがあいていたから横になるけど寒くて眠れない。
冷房がよくかかっている。

歩いてみる。

真夜中の2時から3時半くらい。

携帯の充電専用のコーナーがあり(色んな機種のコンセントがある)iPhoneのもあったのでする。

日記書いたり、高山さんのフランス日記読んだりして待つ。

2時過ぎには、おみやげものやさんなどなんとなく電気は消えて、人はいるけどひっそりとしているかんじ。
お店の人お金の計算したり、音楽聞いたり、ネット見たりしている。

真夜中の空港。
電気はついているけど、寝しずまって静か。

私、寝やすさよりも、寒くない所を探してさまよう。上着が1枚あるだけでしのげそうなのに。
とにかく寒い。
ハナレグミのライブで買ったタオルを肩にかけて眠る。

4時か5時くらい、フードコートの1階下の、少し寒くない所に、足もゆったり伸ばせるマッサージチェアーみたいなのを発見して、
あーもっと早く来ればよかったと思う。
でも見つけれてよかった。
いちばん快適。帰りはここに上着かバスタオルを持って来よう。

そのへんのとき、きれいな朝焼け一瞬見た。

カトマンズ出発は10:15。

そこに少し横になって眠ったけど、まだまだ時間ある。

トラベラーズチェックかえたり、本読んだりして過ごす。

寒くて疲れて、スタバでカフェモカを頼んだけど、タイバーツになっておつりが戻ってくるからやめた。

でもどうせ帰りも使うから頼めばよかった。サブウエイもあって、すごく頼みたっかったけど、もともとサブウエイの頼みかたが分からないのに、さらに外国なので分からなさそうでやめてしまう。

機内食でるかなあ。お腹空いた。

タイの朝。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-10 03:24 |

ネパール日記 9月12日(月)③ そろそろ出発

お風呂屋さんの続き

11時半ぐらい。そのお風呂屋さんは12時までだったのでささっと入った。

足がくたくただったけど、お風呂に入ったらすっきりした。

帰りにナチュラルローソン→セブンイレブンに寄る。

セブンイレブンのぶどうアイスバー箱入りと、ペットボトルの大きい麦茶を買って、
あやのちゃんの住まいの屋上にあがった。

月を見る。

もうまんまる。
星もちらほら見える。

おさいふをからにして、あやのちゃんが教えてくれたお財布フリフリをする。
あやのちゃんはそれプラス踊っていた。

とても気持ちのいい秋の始まりの月夜。

部屋に戻って寝る。

おやすみ。

すやすや。


9月12日(月) 出発の日

朝起きたら、あやのちゃんが、ヤクルトとパイナップルカルピスと屋久島のビスケットと、皮をむいたグレープフルーツを用意してくれた。

使わなくなった棚を持って、バスでカルマへ。
鍵をしめてない気がして、あやのちゃん1回家に戻った。
きょうは、あやのちゃんはカルマ。

行ったらもえちゃんがクッキーとケーキ作っていた。

カレーとオムライスとナシゴレンを頼んだ。涼子ちゃん ハイネケン。

カルマはアジアだなあ。


f0146828_113044.jpg



f0146828_1131049.jpg



新宿からなりたエクスプレスで成田へ。

17時すぎ成田出発。

夕暮れの日本。タイ航空。
タイ航空のテーマカラーはむらさきなのかなあ。
ブランケットも、イヤホンの袋もむらさき。むらさき、むらさき。

空に雲なし。
うっすらとした水色。
タイ語が流れる。優雅な音楽が流れている。

太陽がきれい。

夕暮れまえ、まだ夕焼けになるまえ。
少し低くなった太陽。

空は半分夕暮れ色。
ひかりがたくさんあたっている。

飛び立って少ししてから味ごのみがでてきた。

そしてドリンクが運ばれてくる。

私リンゴジュース。

隣の少し老人、貴老人?おじさん?
ウイスキー ロック。

ちょっと向こう側の人、シンハの缶でビール飲んでいる。シンハ飲みたい気持ち少し。

晴れている。

あたたかい、いい匂いのするウエットテイッシュが皆に配られる。

機内食の種類をききにきんさったけど、
Beef グリーンカレー しかききとれず、それと言う。

水頼んだ。

ぶつ切りの牛肉のあんまり辛くないグリーンカレー、タイ米、いり卵
を混ぜて食べた。
あと、パン バター。
ササミをタイ風?に和えたの。
下がカステラのババロアみたいなケーキの
デザート。

おいしいか美味しくないかよくわからんかんじ。
でも食べた。

隣のおじさんも食べてた。

食後のコーヒーが、温かくておいしくて、
本当にほっとした。
いちばんおいしかった。

空が、青とむらさきと、濃い夕暮れの3色になる。
とってもきれいな色。

パイレーツofカリビアンの4をイヤホンして見たり、ぼーっとしたりして過ごす。

日本との時差は2時間ぐらい(タイ)。
飛行機には6時間ぐらい乗っていた。

窓の外 夜になる。

コンタクトのケース、預けた荷物のほうで
くやまれる。

ドリンク何回か時々運ばれてくる。

アイスコーヒーかと思ったら、コーラだった。



f0146828_113151.jpg




f0146828_1132194.jpg




f0146828_1132716.jpg




f0146828_1133199.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2011-10-09 01:24 |