星カタツムリ日記

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ネパール日記⑲9月16日(金)ポカラ

ホテルに戻る前に、せっかく来たし、プロカシュさんに教えてもらった湖のほとりに
あるホテルに行ってみようと思う。
(プロカシュさんがすてきなホテルだから見にいくだけでもいいから行ってみたらって言ってた。)

桟橋まで歩く。
そこで小さなボートに乗って、向こう岸にあるホテルまで行くようになってる。
乗り場の階段に座って、ボートが来るのを待つ。
横で少年2人が気持ちよさそうに水浴びをして、泳いでいる。
石を投げたり、もぐったり、本当に楽しそう。
それをしばらくぼーっと見る。

水面が午後の光できらきら光って、なんだかすごくすてきな景色だった。
それをぼーっと見ていたら、なんだか満足して、
向こうには明日行ってみようと思う。
ボートには乗らず、泊ってるホテルに戻る。

途中売店で、オレンジジュースを買う。
パックかなと思ったら、日本の、昔子供の頃飲んだ、細いたて長の缶の
オレンジジュースが売ってた。
つぶつぶが入っていて、フレッシュなかんじではなく、
作ったオレンジの甘い感じのジュースだった。
でもすごく疲れていて、いやされた。

部屋に戻って、りんごを一切れむいて食べて、
ベッドに横になる。

目をつむって、しばらく休む。
部屋は冷房はないので少し暑い。

2時間か1時間半ぐらい休んで、
お腹も空いてきたので、また外にでてみる。

6時過ぎくらい。まだ明るい。
夕暮れ。

昼間歩いた時に寄って買ったハガキ屋さんで、ポストカードを追加で買う。
他にもたくさんカード屋さんはあるけど、ここはおじいさんが1人レジにいて、
すすめたりしなくて、古いハガキや、ほこりがかぶった本や紙もあって
好きだなあと思う。
昼間買ったときは、おじいさんは外にでていて、
私が入ったら、戻ってきた。

夜ごはんはどうしようかなと思い、その辺をうろうろする。
大通り沿いにあるテラスのあるホテルのレストランで、夕方にビールを飲んで、
本を読んでる旅行者の男の子がいて、ああいう過ごし方いいなあと思う。

昼間行ったレストランの横にあるチェックのテーブルクロスの小さな食堂が気になる。
その通りや、来た道を何回か行ったりきたりする。

そのお店の脇道を奥に行っても、色んな小さい食堂、カフェがあってにぎわっている。

隣のオーガニックカフェでは、かわいらしい白人の女の子が2人、
おもての席でずっと書き物をしている。
白人の女の子って、化粧とか全くしてないかんじで、髪も無造作なのに、
自然体ですごくかわいいなあと思う。
自然体。タンクトップに短パン、サンダルファッション。

なにも考えず、そのチェックのクロスの食堂にする。





[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-01-30 03:09 |

ネパール日記 写真

写真があげれるようになったので写真をあげてみる。
でも縮小の仕方がわからなくて大っきい写真(パソコンで見ると)

f0146828_0575394.jpg

ロテイがついててうれしかった日のプロカシュさんちの朝ごはん。
f0146828_134861.jpg

f0146828_15033.jpg

雨上がりの動物園のアヒル

f0146828_185347.jpg

動物園に遠足で来た子供たちのお昼ごはんが並べられている。

f0146828_147692.jpg
f0146828_1231635.jpg

f0146828_118111.jpg

動物園の正面玄関は工事中
f0146828_1162777.jpg
f0146828_1153911.jpg

f0146828_1203963.jpg

動物園への小さい入り口
[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-01-28 01:23 |

ネパール日記⑱9月16日(金)ポカラ

久々に1人なので、なんかいろいろ考えた。
でも、とりあえず、行動あるのみ!という前向きな考えにいきついた。

お腹が空いてきたので、街にでてみる。
タカリキッチンっていうレストランを目指して歩く。

ホテルがある路地から
大通りにでたところの木がとても大きくてすばらしいと思う。

歩いていると、途中、とてもとても高い木の上に登って、枝を切り落としてる
おっちゃん発見。
ふつうのズボン、たぶん裸足であんな上まで登っているおじいさん(おっちゃんていうよりおじいさんだった)を初めて見た。
どんどん枝を切り落として、それがどさっと道に落ちてくる。
フレッシュジュースを露店で売っているおっちゃんたちも歓声をあげて
みんなで見ている。
近くのおっちゃんが、古い木を切っているんだよと教えてくれる。
goodとかって言ってた。
自分の何倍もある木にロープ1本で素足で登って枝を切っている。職人だなあと思う。
すごい。

また歩く。
行きたいと思ってるそのレストランが見つからない。
でも歩く。途中、湖が見えた。
すごく歩いてここでもいいかなと思う所に入ろうとしたけど、
タカリ族(ネパールに前に滞在してた涼子ちゃんが、タカリ族はすごく料理が上手でおいしいって言っていた。それをきいて食べたいって思った。)
のごはん食べてみたくて、また引き返してやっと見つける。

少し脇道入っていったとこ。

今日はとても暑くて、日射しも強くて、
体が疲れて、ほてって、熱がでそうな体調と思う。

そこはしっかりとしたレストラン。
ボーイの人と、インド人っぽい年配のぴたっとくっついたカップル1組。

店の雰囲気はあまり好きじゃないなあと思う。
一瞬でようかなと思ったけど、食べてみようと思う。

レモネードとタルカリを頼んだ。

初めて見る色の食事。きれいに盛りつけてある。
とても食べやすくておいしかった。
赤いトマトソースみたいなのがすごくおいしかった。
豆のスープはほうれん草みたいなみどり色。
ジャガイモのスパイス和えは、やっぱり好きだと思う。
色んな漬け物(アチャール)のっている。

前の2人おかわりしていた。
わたしもしたい気もしたけど、ちょうどお腹いっぱいになった。

ボーイの男の子、かっこつけてる。
きらいな感じと思ったけど、レジでおいしかった?ときいてくれる。
ふつうの、高校生の思春期の感じの男の子だなあと思う。

とにかくふらふらで、ホテルに戻ろうと思う。

f0146828_0473919.jpg
f0146828_0463592.jpg
f0146828_045517.jpg
f0146828_0445136.jpg
f0146828_0411313.jpg
f0146828_0402368.jpg
f0146828_037668.jpg

[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-01-28 00:50 |

ネパール日記⑰9月16日(金)

ポカラ行きの飛行機は小型。
「窓A,B通路C,D窓」っていう具合に席が並んでいる。
私はなんにも考えずにAシートに座った。
離陸してから、席に余裕があったから、みんな適当に空いている席に移って、
右側のDシートの窓から見える景色の写真をとりだして、あっそっちがヒマラヤ山脈が見えるほうかときづく。
そしたら斜め向かいのDシートに座ったインド風のおじさんがこっちに
来なさいと、自分が座っている席を譲ってくださった。なんと、ありがたい。

きれいに見えるところや、見えた瞬間を教えてくれて、しっかりヒマラヤ山脈が見えた。
おじさんはポカラの人だそう。
日本に行ったことあるって言ってた。
その他はあまりしゃべらず、新聞を読んだり、時々窓をのぞいたりしている。
着陸するとき、どのくらいいる?宿は決まっているか?
ときかれた。
慣れたかんじでゲートをでて、知り合いのところに行きんさった。
クールな、でもさりげなく親切なおじさんだった。

タクシー(200ルピー)でマーマーズガーデン(泊るホテル)まで行く。
10時くらい。

トイレをずっと我慢していて(カトマンズの空港のトイレは汚くて少し狭かったから。大っきい荷物もっていて、しずらかった)、チェックインしてトイレに行く。

とてもきれいで気持ちのいいホテル。

中庭でコーヒーをいただく。
昨日の夜から後ろの首肩が痛くて、体も熱がこもっているかんじ。
なので、ここの庭のみどりや空気が本当に気持ちよくて癒されるかんじ。

部屋も1人ではもったいないぐらいのいい部屋。
とても広くてきれいで気持ちがいい。
とにかくなにもせずゆっくり休もうと思う。

高山さんのフランス日記を読み終えたので、とてもさみしい。
高山さんの日記は温かくて、すぐそばにいそうな感じで、
一緒に旅しているように読んだ。
だから1人旅だけど、さみしくない感じがした。

さとうさとるさんのコロボックルの本を読みながら、ベッドに横になって
のんびりする。さとうさんの本もおもしろい。

ウエルカムフルーツにバナナとリンゴ、ミネラルウオーターも置いてある。
バナナを食べる。久々にフルーツ食べる。
おいしい!

しばらくぼおーっとする。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-01-21 00:52 |

ネパール日記⑯9月16日(金)

朝起きて、出発の準備をして、6時30分過ぎしたの階に降りる。
シリアルと温かい牛乳、枝豆、卵を用意して下さる。
食べて、7時15分過ぎプロカシュさんと家をでる。

まだ時間あるからと、パタンゲートのとこの小さなカフェでチャイをごちそうになる。
朝のパタンのまち。まちはしっかり起きてる。
向かいで野菜を売っている女の人たちがいる。

空港まで、プロカシュさんがタクシーを頼んでくれる。200ルピー。
運転手さんは赤いシャツのおじさん。
途中バイクの人に怒る。気性があらい人なのかなあと思う。

着いたら、あっちの方から行くんだと指差して教えてくれる。
目はなんとなく優しそうな人だった。
ぶじつく。

初日ついたときも思ったこと。
空港のまわりにはすすきみたいなのがはえていてきれいと思った。

朝の空港。朝の便だと飛行機からヒマラヤが見えるからとプロカシュさんがとって下さった。
空港の中に入って、空港使用料200ルピー払って、
カウンターでポカラ行きのチケットを受け取る。

国内線(Domestic Airport)に入るゲートのところ。
ボデイーチェックの女の人インスタントラーメン食べてた。
食べかけのラーメンにふたがしてある。通路の脇。

ゲートに入って、国内線の飛行機待つところ色々おもしろかった。
日本みたいに電光掲示版はなくて、声でよびだし。
ゲートは2つ。
便も多いからよびだし大変。
でも、よびだしのおばさん超元気。
はきはき、気持ちよく働いとんさる。
もう5分前なのに、まだ前の便がよばれている。
同じ便の他の人も、何回か確認しに行く。
隣にインド系のおばちゃんと娘さんが座り、まだかしらってかんじで
軽く話す。
私は、肩がすごく痛いからけだるいかんじで返す。テンション的にはちょうどいい。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-01-20 02:21 |

ネパール日記⑮

パタンゲート近くのカフェ
タンドリーチキンのサラダのサンドイッチとアイステイーを頼む。
つけあわせのフライドポテトがとってもおいしかった。ケチャップと
みどりの辛いソース(←これがおいしかった)。
アイステイーもおいしかった。
ソファー席のクッションのカバーの布のピンクがきれいだった。
とてもくつろげた、テラス席のあるカフェ。また来て、他のも食べたい。
でもフン頭に落とされた。ショック。
ここはサービス料が入るから少し高い。

家に戻り、プロカシュさんとパタンの中心地のとっても賑わっている広場の方へ行く。
チャタモリのお店にも連れて行ってもらった(ネパールのお好み焼きみたいなののお店)。
そしてプロカシュさんのおすすめのカフェの4階か5階のテラス席で夕暮れの広場を眺める。
カーネスバーグのビール大瓶。パパドスパイス付き、からい。
夕暮れがすごくきれいで、風が涼しかった。
プロカシュさんすぐれたガイドさん。

日本人の奥さんをもつ友だちの人が来んさった。
日本の人の顔に似ている。働いていないそう。
でも、大使館で働いていたり、通訳の仕事もたまにしているそう。
奥さんは今、コスタリカに平和に関する仕事で行っているそう。
なぞの人。

6時半頃停電になってまちが暗くなる。
広場も暗かったけど、街灯がついて明るくなる。
7時ぐらいにあかりつく。

7時過ぎ、その友人の人と別れて家に戻る。
別れ際、日本から帰ってきたばかりのネパールのミュージシャンの友だちの人にも会う。一瞬。
なぞの人が多い。

奥さんの夕食今日もごちそうになる。
毎日おいしい。ありがたい。
明日は早いので,早めに切り上げ部屋に戻る。
ジギャーシャちゃんは明日はネパール語のテストみたい。


夕方5時くらい、屋上に洗濯とりに行ったら、隣の建物の男の子2人がたこあげてた。
かなり遠くまであがって楽しそうだった。

夜9時ごろ、また洗濯ものをとりにあがる。
月がすごくきれい。屋上で月光浴。
3日ぶりくらいに月をちゃんと見た。
ヒマラヤのふもとで見る月。
不思議な気もする。
遠くの山の方が光った。カミナリかな。
ネパールなんだなあと思う。

月明かりの街並がすごくきれい。
夜のまちのあかりはどこも静かできれいだなあ。
あやのちゃんちの屋上から見る景色を重ねて思う。

ここが東京といわれればそんな気もする。
遠くタメルのほうに見えるあかりは新宿かな。

でもここはネパールなんだなあと思う。
また来るかもしれないし、もう来れないかもしれない。
でも今はネパールの空気の中。
ネパールの古い建物に囲まれている。
また来たいなあと思った。

夜10時頃。明日は早いからもう寝る。
背中のとこが痛い。

犬がなきだした。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-01-18 03:06 |

ネパール日記⑭ 9月15日

9月15日(水)
メモ/12時頃 
隣の家の人も、その隣の家の人も水浴びを玄関先でしている。
隣の人は、井戸水を奥さんがバケツでくんで、奥さんはその水で洗濯して、
となりで旦那さんみたいな人が、髪や体をパンツ一枚で洗っている。
背中を奥さんがさすって洗ってあげている。
手の平であかをだすかんじ。
さっぱり気持ちよさそう。
その隣の家では、女の人が服を着て髪の毛を洗っとんさる。
今日はいい気候だからかな。
奥さんも洗濯をたくさんしとんさる。


昼から動物園まで散歩。

途中のスーパーに寄る。昨日行ったパタンゲート近くのデパートはイオンみたいなかんじで、
ここはSマートかサンマート(鳥取のスーパー)みたいなかんじかなと思う。
名前はナマステスーパー。
色とりどり。
シナモンが安い。
気になったものーきれいな色のストロー、裏が再利用のジュースの紙パックの紙皿、
        おもてで売っていたアイス。

動物園に着く。

前にたくさん露天が並んでにぎわっている。
地元の人50ルピー。外国の人250ルピー。

おもて門は工事中で、横の小さい入口から入る。
地元の男の子や、インド人っぽい人や色んな人いる。

ゾウがいた。
ゾウはやっぱりすごい。
まつげが長い。目がやさしい。いろんなことを悟っていそう。
とてもとても深い皺が入っているゾウ。
サイ。水牛。

くまをみていたあたりで雨が降りだす。

屋根のあるテラスで雨がやむのを待つ。
インド人のサリーを着た女の人たち5人くらいやって来る。
女の人が集まるとやっぱり華やかできれいだなあと思う。

隣のインド人風の家族。
ピーナッツ食べてる。柄はわるい。ピーナッツの殻そのまま。
でも、高山さんの日記で、インドの人たちは食べ残しを犬や鳥においていくというのを
読んだとこで、これがそうかと思う。

雨しとしと。
アヒルがたくさん水からでてくる。
雨がやむ。

鳥のコーナーのほうに行く。
割と広い屋根付きのテラス。
そこに保育園ぐらいの子たちがいる。すごくかわいい。制服。

もうひとつのグループは私服のインド系の小学1年ぐらいのこどもたち。
先生みたいな女の人たちが、トレーを何枚も地べたに並べて、
銀の何段にもなったお弁当箱からおかずをだして、順々に盛っている。
とってもいい光景。
雨がやんで、緑に日があたってすごくきれい。

遠足かなあと思う。
じろじろ見る。
何が盛られているんだろう。
ダルバートみたい。盛り終えてそれぞれみんなに配られる。
みんなわいわい食べ始める。
テラスのとこにまたがってる男の子。みんなかわいい。
こういう光景がすごく好き。
お弁当持参じゃなくて、配られることに驚いた(わたしが小さい時はお弁当は家から持って行くのだったから)。

ゆっくりまわって、プロカシュさんに教えてもらったカフェを探すけど見つからない。
パタンゲートに戻って、ちょっとヨーロッパっぽいカフェに入る。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-01-17 02:26 |

ネパール日記2011⑬9月15日(水)

9月14日の追加
昼間ーパタンゲート近くのデパート行った。
スパイスコーナーがおもしろかった。
イオンみたいな所。でもまだ工事中。(だけど営業中)

9月15日(水)
あさ。秋晴れ。いい天気。少し暑い。
気持ちよすぎてまだまだ寝ていたい。

日本の秋の空気に似ている。半そででも寒すぎなくて、朝の空気が本当に心地いい。
ありがたいことだなと思う。
8時30分朝ごはんいただく。

◯大根とジャガイモのカレーおいしい!
◯目玉焼き
◯ロテイ3枚うれしい!粉と水だけで平たく焼くのだそう。すごくきれい。
これにはさんで食べた。
プラスチャイ。グローブ食べた(かじった)。


あ、メモ
昨日のカフェで。
食後に、スパイス(なんだろうクミンみたいな、フェンネル?コリアンダー?わからん)
とスウーとする粒ざとう(ざらめみたいな大きさ)を一緒に食べるとガムみたいな
味になる。これがすごくおいしくて、すっきりする。
(9月15日この日の夕暮れに行ったカフェのレジのとこにもあった。)

朝ごはん食べて、今日の予定や、明日のポカラの飛行機のことなどプロカシュさんにきく。
奥さん、おフロ場でたくさんの洗濯ものしとんさった。
大きい洗濯ものどんどん手でしてゆく。

部屋に戻って,高山さんのフランス日記読む。
ちょうど日程が同じで、同じ感覚で読めておもしろい。

昼前に洗濯しに屋上にあがる。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-01-17 01:38 |