星カタツムリ日記

<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7/19

きょうは松崎の水郷祭の日。
ゆいちゃんが東京から遊びに来てくれた。

あさ、星粒にモーニングを食べに行ったら、きょうは電気がつかなくなっちゃって、
お休みにしちゃったんだよー
って渋谷くんがたたずんでいた。

アイス珈琲を一杯もらって
暗い店内で
ぽつぽつしゃべりながら飲んだ。

そしたら家族5人のお客さんがいらっしゃって、
きょうはお休みなんですよー
って渋谷くんが伝えてた。

その間に小2ぐらいの、そのご家族の男の子が、
星粒にあるよこ長の黒板に絵を描きだした。
端から端までいっぱいつかって船の絵を。
細かい旗の中の色も、ちっちゃいチョークで塗って、すごくかっこよく。
そして出来たと思ったらすぐ消して、
次を描きだした。
なんかそれをみて感動しちゃった。
わたしとかだと、
描いたもの残しときたいって思う。
でもその男の子は、
ただ描きたくて、体が動いて、
誰も見てなくてもやってるんだなあと思った。

その子のお母さんが、
昼から倉吉のプール行くよーって言って、
わーいってなって、
わたしも一緒にプールに行きたくなった。

黒板にただ夢中で絵を描いたり、
真夏に少し遠くのプール行ったり、
帰って昼寝したり、
もうそれだけでしあわせで
胸いっぱいな時期があったなあって思い出した。

好きなことは誰かのためにするんじゃなくて、
ただじぶんが好きだからやるんで、
それだけのことだった!
って思い出した。

わたしはこれから松崎にかき氷をだしに行くけど、仕事じゃなくて、
あの男の子の感覚できょうは行こうって思った。
大好きな夏だし。
[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-07-23 09:29

7/2

きょうは、家に帰ったら
べたっとした
天ぷらがあげてあった。

じかんがたって
しんなりしていた。

胃がもたれそうだなあって思った。

玉ねぎとちくわと
いんげんととうがらしとサツマイモと
ナスとかぼちゃ。

よく冷えた大根おろしに牡蠣醤油をかけて、
それをのっけて食べる。

最初に玉ねぎを食べたら、
玉ねぎがすごく甘くてびっくりした。
しなっとしてるけど、大根おろしと食べたらすごくおいしかった。

どんどん食べていっきになくなった。

夏野菜の天ぷらを、
開けっ放しのあみどの向こうから聞こえてくる
虫の声ききながら
むしゃむしゃ食べてたら、
子どものころのじぶんに戻ったみたいだった。

子どものころに
こんな夏の夜に
冷めた天ぷらを
むしゃむしゃ食べてたんだ。

ただ夏があって、それをいっぱいかんじて
むしゃむしゃ食べてた。
そんときはこんなにおいしいって思ってなかったかも。

天ぷらも夜の匂いもそのときにすごく似てた。

たべものの記憶。


じぶんの
本当の気持ちの
中の中のことばを
ときどき
ききもらす。

ほかの音やことばが
おっきくなりすぎて。

でも
ほんとに大事なのは
その
真ん中の
じぶんのことばで、
それがきこえないと
せかいの感触がなくなるんだった。
それ
ときどき忘れる。
メモ
[PR]
by hoshikatatumuri | 2015-07-03 01:04